USCISは現在、H-2B建設作業職の申請を受け入れています

HAGÅTÑA(グアム・デイリー・ポスト) – USCIS米国市民権移民局は、沖縄からグアムへの米海兵隊の軍事再編に関連した一時的な熟練外国人雇用者を雇用しようとしている雇用主からのH-2B申請を受け入れると発表しました。

2018年国防許可法NDAAは、それが直接的に海兵隊の移転に関連している、あるいは、協力している、軍事、もしくは民間のプロジェクトでの雇用に限り、USCISのH-2Bビザの要求および受給「臨時要請」への免除資格を4,000人までの外国人労働者に許可しています。

USCISはNDAAの規定を実施するのに120日を与えられました。

金曜日に発行された発表の中でUSCISは、すぐにH-2B申請を受け入れるようになると伝えました。承認申請の雇用開始日は、「2018年4月11日以降」でなければなりません。

USCISはまた、外国人労働者がNDAAの「臨時要請」必須事項の免除資格を得ることを可能にする、NDAAの規則と要件を雇用主に導くための政策覚書を発行しました。

グアム・デイリー・ポストによると、グアム労働部の外国人労働処理部門のグレッグ・マッシー氏は、グアム・デイリー・ポストに、「臨時要請」の上限が2018年にのみ適用されると述べました。 「グアムは、2019年まで年間66,000人の労働者の国家上限を免除されている」と彼は語りました。

NDA免除の対象となるH-2Bビザの資格を有する外国人労働者は、「H-2B申請書に記載されている特定の必要事項に応じて、最大で3年間の入国が許されます。

グアムの雇用主は、NDA免除の対象となるH-2Bビザの資格を得るためには、雇用したい労働者が「軍事再編成に直接繋がっているか、関連している」仕事に雇用されることを証明しなければなりません。

雇用主は、グアム労働省によって発行された臨時労働雇用証明書の提出を含む他のすべての「H-2B」要件にも従わなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です