MVA関係者「NMIに関心を示す日本の航空会社」

新らしい日本の航空会社がCNMIでの運航に関心を表明していると、マリアナ・ビジターズ・オーソリティMVAのマネージング・ディレクター、のクリス・コンセプシオン氏は話しています。
2月に、日本の航空会社がサイパンへの現地調査を行い、空港関係者と会うために代表者を送った、と同氏は付け加えました。彼は会社を特定することを避けました。
航空会社の代表は、CPAコモンウェルス港湾局、運輸安全管理局、米国税関と国境保護局、および地上手配の関係者と会見した、とコンセプシオン氏は述べました。
コンセプシオン氏は、連邦航空局と米国運輸省に対し、CNMIが次の国際目的地になることを望んでいるが、「認可を得るには長いプロセスだ」と語りました。
彼は、新しい航空会社の参入は、「日本の我々の長期的な市場が良好に進む」ことを意味していると述べました。彼らの目標は、デルタ航空の5月からのCNMIへの運休が日本市場に影響を与えないことを確実にすることですと同氏は付け加えました。
Concepcion氏は、新しい航空会社を待つ間、MVAはチャーター便を日本から確保しようとしている、と語り、MVAと旅行代理店や日本の航空会社との交渉が続いている、と更に付け加えました。
コンセプシオンは、香港エクスプレスについては、週に4回、サイパンにまだ飛んでいることを伝えました。
香港航空では、3月17日から4月15日まで定期運航のフライトサービスを一時停止すると発表しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です