逮捕された覚せい剤容疑者

DPS職員4人が木曜早朝のガラパンで彼らが追跡していた男によって放り投げられたバックパックから出た煙を吸い込んだ後、吐き気を訴えました。数分で警官のうちの2人が嘔吐し始めました。 職員4人全員がCHCコモンウェルス・ヘルス・センターに運ばれました。

消防局救急部と米国麻薬取締機関(Drug Enforcement Agency)の政府職員は後に、バックパックの中味が「アイス」と呼ぶメタンフェタミンを製造する「シェイク・アンド・ベイク(振って焼く)」方法で使用されたものであることを確認しました。

DPSの広報担当ジャクリーン・レ・シェパード氏は容疑者が逮捕され、連邦拘置所内にいると述べました。容疑者の身元はデイブ・サブラン39歳と識別されています。彼はNMI地方裁判所で、規制薬物の製造を試みたことに対する容疑で起訴されます。

レイ氏によると、木曜日午前4時4分頃、ガラパンのマイクロ・ビーチ・ホテルの前を歩いていた不審者の通報に警察官が対応しました。

対応した警官はおよそ午前4時20分ごろに容疑者を見つけましたが、接触を取ろうとしたとき、男はュックサックを投げて路地を駆け出しました。

わずかな追跡の後、警官は容疑者を拘束し、バックパックを見つけました。レイ氏によると、リュックサックが開かれた途端に、煙が噴出しました。

彼女は、駆けつけた消防署の担当者が袋の中の物品が爆発しないことを確認するためにあらゆる予防措置を取ったと話しました。さらに彼女は、彼らが内部の化学物質がメタンフェタミンを製造するために使用されたかどうかを判断するためのテストも実施したと付け加えました。

DFEMS PIOのDerek Gersonde氏は、彼らが午前5:07に前ポセイドン・バーとガラパンのカフェ・アット・ザ・パークとの間の、Plumeria Aveに残された不審なバックパックに関する報告に対応したと述べています。

同氏は、午前5時9分にガラパン消防署のメディック2とエンジン2がその場所に対応したと語りました。

そこで、対応職員は、4人の警察官がバックパックを開けた後に吐き気とめまいで不快感を訴えたのを発見しました。彼らは病院に運ばれ、退院するまで治療を受けました。

Gersonde氏は、DFEMSのハザード・チームが、詳細な調査のためにバックパックとその内容をDEAタスクフォースに渡したと述べました。

「不審なバッグを見つけたら、パッケージを開けたり触ったりせず、911に通報してください」とGersonde氏は付け加えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です