マングローニャ上院議員が議会を退席

ポール・マングローニャ上院議員は、木曜日、ロタの資金援助を含まない法案に反対して上院議席から退席しました。

下院法案20-102は、政府職員の遡及的給与支払いのために、TinianとSaipanに1300万ドルを支払うものです。

それはロタの観光促進プログラムに50万ドルを適用するというマングローニャ氏の提言を含むよう上院によって改正されました。

しかし、下院は上院改正案を拒否し、両院に受け入れられる法案の草案を作成するために、二院会議委員会が創設されました。

下院出席議員は、ジョセフ・デレオン・ゲレロ、ジョン・ポール・サブラン、BJアタオ議員らであり、上院出席議員はジャスト・クインチュグア、ジュード・ホフシュナイダー、スティーブ・メスンゴン議員らでした。

彼らはロタの観光促進プログラムのために50万ドルを含める上院改正案を削除することで合意しました。

木曜日の審議中にマングローニャ氏は協議委員会の決定に失望を表明しました。

ロタは高額を求めてはいないと同氏は述べ、ロタが経済的機会の欠如のためにあまりにも多くの被害を受けていると付け加えました。観光増強のための50万ドルはロタを助けると同氏は述べたのち、上院議員室を退出しました。

また、ロタ選出のTeresita Santos上院議員とSteve Mesngon上院副議長は、ロタ代表団にそれについて議論する機会を与えるため、協議委員会報告に対する上院の措置を延期するよう求めました。

メスンゴン氏は、ロタが「次の資金政策の中で何か」を得ることになると確信していたため、協議委員会の報告書に署名することに同意したと語りました。

クインチュグア氏は、協議委員会で、ロタは観光局から既に島の観光促進プログラムの資金を調達していることを指摘しました。

しかし、Quitugua氏は、次の資金調達資源が利用可能になれば直ちにロタは追加の割り当てを受けると話しました。

協議委員会の報告書は、Santos氏とMesngon氏の棄権投票で、5対2の投票結果を持って採択されました。

That’s very unfair.”

Manglona氏はバラエティとのインタビューで、協議委員会の報告書は修正できないと述べました。「だから、それを受け入れるか拒否するかです。私はJude(Hofschneider)上院議員が上院改正やロタの資金調達を擁護すると確信していたので、ロタはまだ何かを得られると予想していたのですが、いつものように除外され、ロタは何も得られませんでした。すべての資金調達手段で、ロタは常に後回しにされています。1300万ドルは大量の資金です。その一部を求めるのはあまりに多すぎますか?私たちは500,000ドルを求めているだけです。彼らは1300万ドルを割り当てましたが、ロタには1ペニー(セント)もありませんでした。非常に不公平です」

マングローニャ氏はラルフ・G.トレス知事に法案拒否を求めると話しました。

フランク・クルズ上院議員は、協議委員会がロタに資金を提供しない合意案を提出したのはティニアンの責任ではないと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です