NMIの顔に平手打ち

米下院議員グレゴリオ・キリリャ・カマチョ・サブラン代表は月曜日、CW-1数の上限を半減させ、申請承認のための抽選を行うというトランプ政権の決定は、「CNMI経済にとってひどいものである」と述べました。

会計年度2017年に12,998枠だったCW上限は、USCIS米国市民権移民局によって、会計年度2018年で9,998枠に、2018年10月1日から始まる会計年度2019年で4,999枠に削減されました。

「4月2日に窓口が開けられた際、CWアプリケーションを送るための努力と費用を費やしたマリアナ諸島の全員の顔に平手打ちが浴びせられた」と、多くの地元企業がCWアプリケーションを定刻に申請するためにカリフォルニア州に代表者を送ったことを示しながら、キリリ氏は語りました。

トレス政権は、「CNMIの経済的進歩を推進している人々に真の公正さと公平性が与えられていることを確保したい」と話しています。

しかし、「米国の労働者が保護され、地域社会が経済発展を続けることを保証するため、議会の行動を我々は必要とします」

USCISの決定に対するCNMIの対応について質問を受けてトレス政権は、「私たちは、結局のところ議会の指導者と引き続き緊密な議論を続け、CNMIへのさらなる経済的害を防ぐことができ流、S. 2325 [米国労働力法(NMI US Workforce Act)]の通過に期待しています」と伝えています。

USCISはCW上限を「そうするための法的義務がない限り削減する必要はない」とキリリ氏は述べました。彼はさらに、USCISはオバマ政権が2回にわたって認められ、彼が尋ねたことによって削減されたはずですと付け加えました。

キリリ氏は、USCISの最近の決定は、トレス政権がCNMIの友人となると主張したトランプ政権の下で行われたと述べました。

キリリ氏は、トランプ大統領が、米国議会で、S.2325または北マリアナ諸島米国労働者法が上院エネルギー・天然資源委員会委員長リサ・ムルコウスキー氏(共和党アラスカ選出)によって導入されたことを無視しているようだと語りました。

キリリ氏は、法案は米上院を通過する可能性が高いと言いました。

「18カ月にわたる議論と交渉の結果であるこの法案は、上院では順調のようです。そして、それが下院に入った際に、我々はそれを通過させるために懸命に取り組むつもりです」と彼は付け加えました。

しかし、彼はまた、トランプ大統領をノミネートするためにクリーブランドの共和党全国大会に出席したCNMIの政治家が、トランプ政権が「完全に不要で極度に有害な」ことをするのを防ぐために彼らの影響力を使うことも望んでいます。

3月20日、キリリ氏は、S. 2325が上院の審議日程に載ったと述べました。

 

朗報

同氏は、その多くが委員会の議長である、37人の共和党議員が今年退任することで、今年11月、民主党が米下院議席の大半を勝ち取る可能性が高いと指摘しました。

米民主党員の諜報幹部である無所属のキリリ氏は、共和党の議員であるポール・ライアン氏も「離党する」と語りました。

キリリ氏は、米下院の主導権を獲得するには、米国議会議員が24議席を獲得する必要があると述べました。

そうなる歳に、彼の年功(10年5期)は、彼に教育小委員会の議長または小規模な事務や退役軍人の事務を管轄する小委員会を作るだろうとキリリ氏。

一旦、民主党が米下院で多数派政党になれば、「私が新人議員の時とは大きく異なるだろう」と同氏は述べています。

同氏は、多数派の年輩議員として、彼は議題を決めて、動かすべき法案を動かすことができると述べました。キリリ氏は、共和党の議員たちと協力して良い記録を残していると述べましたが、「私は民主党の多数派のリーダーとしてさらに期待する」と話しました。

 

悪いニュース

キリリ氏は同時に、先週米共和党が導入した新しいファーム法案は、CNMIの食品スタンプ・プログラムに追加資金を提供しないと伝えました。

議会の中で最も超党派の委員会の一つであると同氏が表現する、農業委員会に関する議論が止まったと彼は話しました。

先月、キリリ氏は、食糧援助のためのCNMI未出費資金が、現地プログラムにより多くの資金を得るための努力に影響を与えているとの懸念を表明しました。

彼は下院農業委員会に4,200万ドルを農場法の下で許可するよう求めましたが、委員会は、栄養補助プログラムの農場パイロット資金の18.4百万ドルの未使用資金と、会計年度2018年に持ち越された定期的な栄養補助プログラムの助成金410万ドルについて懸念していました。

「私が当地に居た前回、あまりに多すぎる未使用な[資金]があり、私は2014年の農業法案における新しい農業法案への資金調達を大変難しくしていると言いました。残念ながら、私は正しかった」と彼は語りました。

しかし、キリリ氏は、栄養補助プログラムの発表によれば、所得の増加と給付水準の拡大計画が承認されたことに非常に満足していると述べています。

キリリ氏は、これにより、より多くの人々が食糧援助の資格を得ることができると言いました。

先月の米農務省食品栄養サービス局(FDA)の報告は受給が削減されていることを指摘しました。

しかし、今、「まさに私が望んでいた増加が発表されたので、必要な人々に食糧を提供してくれたことに私は感謝し、賞賛します」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です