持続可能な観光開発のためにとMVAが発言

マリアナ観光局は、CNMIの観光開発は持続可能でなければならないと考えています。

MVA理事会のGloria Cavanagh会長は、「私たちの嘆願は成長を支えています。これは何年も私たちが推し進めてきたものです」とバラエティに語りました。

Cavanagh氏は、2016年にMVAが現地の観光産業の実現可能性と持続可能性の調査を委託したと話しました。

Horwath HTLによって実施された調査では、大量の計画的な新規開発プロジェクトを支援するために必要なインフラストラクチャーやリソースが不足しているなど、いくつかの問題が明らかになりました。

サイパンの新しいホテル、モーテル、ゲストハウス、ベッド&ブレックファースト(民泊)のビジネスを指しながら、Cavanagh氏は、「誰にも「はい」と言うのではなく、開発をコントロールしなければならない」と述べました。

しかし、MVAは、政府の規制当局にしか勧告を行うことができないと付け加えました。

「一時停止を課するのは政府機関の責任です」と彼女は言っています。

MVAのマネージングディレクター、クリス・コンセプシオン氏は、このような活動は「ファーストクラスの設備を備えたハイエンドのビーチリゾート地としてのイメージを向上させるものではない」として、小規模な観光施設の普及に懸念を示しています。

北マリアナ・ホテル協会の会長でもあるカヴァナー理事長は同意しています。

「私たちがどんなに速く成長するかは分かりません」と彼女は言いました。「今、我々は馬の前にカートを置く状況を抱えています」

Horwath HTLの調査では、「新しいプロジェクトが適切に開発されなければ、島全体のポジショニングと製品のミックスに関連するマスタープランの観点から、望ましくない施設がサイパンの魅力を低下させる可能性がある」と述べています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です