7月の来島者数19%減

(MVA)- マリアナ観光局が予測したように、本会計年度のマリアナへの訪問者総数は、昨年同期間の507,116人に比べて6%減と、依然としてわずかな減少を続けています。

2018年7月のマリアナ諸島への来島者数は、2017年7月と比較して19%減少しました。2018年7月のサイパン島、ティニアン島、ロタ島の訪問者数は、2017年7月の59,483人に対して48,156人を記録しました。

韓国からの入国者数は23,454人で21.7%減少しましたが、引き続き最上位市場としての地位を維持しています。この減少は、2017年7月のソウル仁川(インチョン)と釜山(プサン)両方からの便数減少によるものです。T’way Airは6月に再開したそのデイリー定期便を継続し、9月21日から29日まで、韓国の感謝祭の祝日、チュソク時代に1,500以上の座席を持つチャーター便を追加運航する計画を発表しました。また、済州航空は、8月3日から9月2日までソウル仁川から毎日運航するチャーター便を開始しました。

中国からの来島者は、2017年7月と比較して6.6%減の21,672人でした。地震やトロピカル観光地のその他の災害がソーシャルメディアに旅行の安全に対する自然の危険性について脅威を引き起こしましたが、マリアナ諸島は安全で便利で美しい島としての評判を維持しています。長期的には、マリアナ諸島は今後数カ月の間、中国からの訪問者は引き続き安定しています。

日本からの入国者数は693人で2017年6月より80パーセント低下しました。この減少は、2018年5月初旬のデルタ航空による直行便の停止と、ユナイテッド航空のサイパンからグアムへの毎日のフライトの急激な減少によるものです。成田発着の夏のチャーター29便のうち、初の1便が7月14日に到着し、8月に追加のフライトが予定されています。日本からの毎日のフライトは、冬季にSkymark Airlinesによって開始されるでしょう。一方、MVAは積極的に日本からサイパンへの旅行をソウル経由で積極的に推進しており、主な旅行会社JTBとH.I.S.による新たなパッケージ旅行が提供されました。

「7月は、日本からの1便、航空会社間の激しい競争の後、韓国からのフライトの中止、そして今年の中国からの夏期チャーター便の減少など、挑戦的な1ヶ月でした」とMVA Christopher A.コンセプシオン局長は述べ、今後8カ月間に28本のチャーター便を日本から発着させ、数か月以内に同国からの通常のフライトサービスを提供する予定であると付け加えました。今年の到着率は今年に比べて6%低くなっていますが、市場は数カ月以内に最終的な回収に向けて楽観的であり、引き続き台湾からの新しい直行便を開始する交渉を続けています。私たちは、いくつかの観光パートナーが、このより柔軟な期間を利用して、そのプロパティを修復し、改装していると聞いてきました。私たちは、数年間の記録的な成長を経て、マリアナ諸島の私たちの商品を民間セクター、政府、コミュニティとして改善する機会を皆様にお勧めします。観光産業は本質的に循環的であり、ピークの谷間は定期的に予測されます。未来はマリアナ諸島にとって長期的に明るいものであると思います」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です