<グアムニュース>「土地リース法案は未だ審議中」

アーノルド・I・パラシオス上院議長(R-サイパン)は、上院の資源・経済開発・プログラム委員会が、コミュニティの様々なメンバーからのすべてのコメントが考慮されるよう、上院法案20-35をまだ検討していると話しました。

S.B. 20-35は、新規投資家からCNMIに新たな経済的利益をもたらす公有地のリースを40年(15年の延長で25年の延長)から、75年(35年の延長で40年)にすることを望んでいます。この法案は、Francisco Borja(R-Tinian)上院議長が議長を務めるREDP委員会と結びついています。

パラシオス氏は先週金曜日、サイパン・トリビューンに対し、REDP委員会は、この法案に反対する人々、特に、40年の土地賃貸借契約で十分であると見ている、北マリアナ・デサント・コーポレーションの視点も検討していると語りました。

「委員会は反対者の視点を調べています。我々はそれらを考慮に入れていることを確認したい。必要ならば、それに答えるか、調整する必要があれば何でも行います」とPalacios氏は言い、この法案はまだ生きていると付け加えました。

「私にそれ[S.B. 20-35] を棚上げさせるには、それを提出されねばなりません。審議は活発で、委員会に戻って他の懸念事項やコメントをすべて確認します。私たちがそれを提出するまで法律は死んでいません」とPalacios氏は述べています。

これはNMDCのジョン・オリバー・ゴンザレス会長がサイパン・トリビューンの以前のインタビューで語った、この法案が死んでおり、次の議会で行われることになると理解していることに反するものでした。

「現在の私の理解では、それは委員会で行われたものであって、選挙後も明らかに新しい議会で取り上げられることはないというものです」

パラシオス氏によれば、S.B. 20-35はCNMIの観光産業、特に公有地のリースが期限切れのいくつかのホテルに関する重要な法案です。それは土地のリースだけを扱います。公共の土地はホテルやゴルフリゾートのためにリースしています。私たちには、公有地のリースが満了しているこれらのホテルがいくつかあります。

「これらのホテルは、観光産業の成長に大きな役割を果たしました。彼らは引き続き業界の主要プレーヤーであり、これらのホテルは公有地に位置しています。これらのホテルは、私たちが持っている最大のものです」

ハイアット・リージェンシー・サイパンは、満了するリース(2021年12月)を持つホテルの1つです。Hyatt General ManagerのNick Nishikawa氏は、前回のサイパントリビューンとのインタビューで、リース延長を望んでおり、増加する観光客のためにホテルの施設を改善する計画を進めることは可能であると述べています。

Palacios氏は、この法案の目的は、CNMIの経済的要因の1つである観光業の中断を避けることだと話しました。

「我々は、業界自体を中断する機会を持つことはできません。われわれは、観光産業が安定しており、持続可能であることを確かなものにしたいのです」

「それは、組織内には他の考えがある組織が存在していると言っています。彼らは彼らの考えをもち、私はそれを尊重します。それを考慮して、上院が行ったことは、法案に反対する地域社会のメンバーのうちの他の立場を再検討できるように、それを[REDP]委員会に戻したことです」

 

私有地

ゴンザレス氏は、現在の40年のリースで十分だとNMDCに感じると語りました。

「それは40年から99年でした、、審議の後、75年に減少しました。今後の協議は55年の民間土地リースと同レベルです」

「すべてのNMD(血統民)を支持するNMDCは、現在の40年のリース期間の限度が適切であると強く感じています。なぜなら、私たちは公共の土地を私有地と競争させたくないからです」

同氏によると、投資家はまず民間の土地を調べなければならないとしています。

「実際には、政府と投資家が最初に私有地をリースすることを奨励するよう私は勧めます。したがって、これらの私有地の所有者は、経済的な暴落の中でその機会を得ることもできます。私たちは、政府の土地が退くべきだと考えています」

ゴンザレス氏は、当局は魅力的な公共政策としてこの問題に取り組むべきだと付け加えた。

「私たちの後の世代は、自分たちのために決定する機会が与えられなければなりません。私たちの[祖先]が私たちのために決めたときと同じです。世代が変わるように時代が変わり、それ以降の世代がその決定を下す必要があります」

「我々はこの問題を最重要課題として扱いました。公有地リースの将来に関する方針を定める予定です。我々は協議に招待され、私たちは私たちの立場を正当化するための書面によるコメントと証言を提出しました」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です