受刑者の訴訟における動議が協議下に置かれる

連邦裁判官Ramona V. Manglona判事は、矯正局の職員に対して囚人によって提起された訴訟に関する動議を協議下に置きました。

この訴訟は、1998年4月にダンダンで13歳の男の子を殺害した罪で45年の判決を受けているジェシー・ジェームス・ババウタ・カマチョ受刑者による訴訟でした。カマチョ受刑者は当時18歳でした。

同受刑者は、彼の障害につながった彼の治療を故意に遅らせたと主張して、矯正局とその職員を訴えました。

CNMI政府は、カマチョ受刑者の訴訟の棄却を求める動議を提起しました。

通達の中でマングローニャ判事は、聴聞会をせずに協議の下でその動議をはかると述べました。

判事は、2つの係争中の動議、公式立場の被告に代わって棄却の申立てと訴訟原因の誤った併合を修正する旨のCNMI政府の申立て、そして個人的立場の被告を棄却する申立てについて判定すると述べました。

判事は以前、CNMI政府の動議への反意を提出するために、カマチョ受刑者に2018年10月10日までの延長を与えたと言いました。

カマチョ受刑者はそのあと、「被告らの動議の訴訟の実態に対処しなかった定時の反意を提起したが、むしろ彼の主張を再掲し、彼が求めている損害の額を定額化した」とマングローニャ判事は話しました。

カマチョ受刑者は、訴訟で被告人指名された矯正局関係者、Lorraine Rios部長、ベンジャミン・リザマ部長、ジョージアM.カブレラ矯正ディレクター、マヌエル・クィターノ主任、フレッドリック・ビリー副主任、元矯正局職員ニーナAldan氏、ピウスYaroitemal主任、ホセK. Pangelinan矯正ディレクターと矯正委員ヴィンスAttao氏のそれぞれから10万ドルを求めています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です