ダンダンの台風対応診療所に22名の医療ボランティアを派遣

コモンウェルス・ヘルスケア・コーポレーションの最高経営責任者(CEO)エスター・ムーニャ氏は、火曜日、サイパンに到着したアメリケアズとマサチューセッツ総合病院の医療スタッフを歓迎しました。

CHCC病院緊急事態準備担当者ウォーレン・ヴィラゴメス氏は、22名のボランティアが災害医療支援チームまたはDMATの一員であると述べました。

“これは医療展開第二段階です。彼らは12日間のミッションでここに留まります」と彼は話しました。

新たに到着した医療従事者は、今週出てきた最初のDMATチームメンバーに取って代わりました。

「新しいチームは、南部診療所を運営し、ダンダンに開設した他のサテライト・クリニックを増やすためのリソースを引き続き提供します」と、Villagomez氏は述べています。

木曜日、CHCCは、DMATと協力して、ジョーテン・ダンダンの向かいにあるRJ商業ビルの駐車場に第2番目の台風対応診療所を開設しました。

診療所は午前8時から午後4時30分まで開かれ、11月16日まで運営されます。

そのサービスには、限られたワクチン、トリアージ、応急処置、限られた薬局、緊急ケア、限られた公衆衛生サービス(家族計画など)が含まれます。

患者は、身分証明書のフォームと自身の服用薬のリストを持ってくるように求められています。

患者は医局に見せるために処方箋のボトルも持ち込めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です