民間企業が援助

現地政府や連邦政府機関の努力のほかにも、民間企業が特別な対応努力をしています。

DFSのマリアン・アルダン・ピアス社長は、「ガラパンのT Galleriaを運営するDFSは国際企業であるかもしれないが、地元企業でもある」と語りました。

「通常の業務を再開することを楽しみにしています…しかし、今のところ、私たちは家族の生活の再建に集中しています」

DFSがスタッフと住民のために動員した救済措置には、シャワー、ランドリー施設、淡水供給が含まれます。

同社はオンラインの資金調達サイトを立ち上げ、個人的誓約で10万ドルの目標をたて、世界中のDFS従業員の寄付を募ることを約束しました。東南アジアとハワイのDFS部門は現在までに5万ドルの寄付を行っています。

DFSグループの会長兼最高経営責任者(CEO)のエド・ブレナン氏は、「サイパンの人々がスーパータイフーン・ユチュの被害から回復するためのあらゆる支援を行う」と言いました。

先週の火曜日、DFSはOleai BeachからFirst Hawaiian Bankまでのラグーンクリーンアップを開始しました。昨日、彼らは次の学期の開校準備のための教室準備を手伝うためにMt.カーメルスクールにチームを送りました。

スターウォーター社は、嵐の後の日に開店することを明らかにし、チャラン・カノアやダンダンのような場所で無料の飲料水を配りました。また、KagmanのSoledad教区で200枚の無料リフィル券を配布しました。

先週の木曜日、Eランドはコーラル・オーシャン・ポイントとパシフィックアイランド・クラブサイパンの2つのホテルで無料の水を提供しました。

TanHoldings Corpは、Gualo RaiのTSLスポーツコンプレックスを、台風31号で家を失い、台風の後に滞在する場所がない従業員のための一時的なシェルターにしました。

TSL財団のマネージャー、メリー・トレンティーノ氏は、「現在、ジムには合計11家族が滞在しています」と話しています。

TanHoldings Corp.は、避難所を探している他の従業員には、「stay-stay package」(カノアリゾートでの4泊分の滞在)を無料で利用できるチャンスを与えました。

先週金曜日、同社はグアムフィリピン総領事館の救援援助に1万ドルを拠出しました。

ブリッジキャピタルLLCはシェルターの家族に食糧を提供しました。ハロウィーンを祝うために、Bridge Capitalの従業員Neil Fama氏がマジックショーを行い、サイパン南高校避難所の子供たちにキャンディーを配りました。

IT&Eは、データ加入者に無料で4ギガバイトの4G LTEデータを提供しました。彼らはまた、年末までに従業員に無料の通信サービスを提供しました。

カルボ保険社マーケティングディレクター、Marcia Calvo氏は、引受人やパートナーと協力して、グアム、そしてサイパンに物資を提供していると言いました。

「Calvo保険社は、水、枕、布団、毛布、電池式または太陽光式のファンなど、島で物資を手に入れようと努力しています。我々は今週末か来週初めにこれらが到着すると期待している」と彼女は付け加えました。

MYProsとSalvation Armyとのアウトリーチを行う以外に、Paradise Dentalの焦点はその従業員です(Donna Krumによる)。”私たちは先週、チームランチを持ち、皆が一緒に希望を与え、士気を高めようと努力しました。金曜日に3周年を迎え、素敵なディナーに連れて行く予定です」と彼女は付け加えました。

日本の沖縄で、10歳の市民、DirkとMonique Tenorio Magatasさんの娘、Haven Taylor Tenorio Magatasさんは、資金集めキャンペーンで$ 170を調達し、歯ブラシ、シャンプー、石けんなどの衛生用品を購入してサイパンの避難所の子供たちに送ります。

他の民間企業も、彼らの援助を地域社会や従業員にまで広げ、依然として台風犠牲者のための資金を調達しようとしています。他の人たちは無料で映画を上映し、他の人は食べ物を贈りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です