全島停電はなし

本日、サイパンは島全体で停電にはなりません。昨日、CUCは燃料3,500バーレルを調達したことを公表しました。この燃料供給は次週の金曜日までです。
CUCエグゼクティブ・ディレクターのアンソニー・C.ゲレロ氏と財務局長イロイ・イノス氏、知事の行政特別顧問のエスター・フレミング氏は昨日、下院委員会のメンバーと会見し、「追加の燃料購入がなされるまで、パワープラントの継続運転を行うための燃料供給が認められる」とCUCは表明しました。
ゲレロ氏によると、この購入資金はCUCの日々の集金からものもで、政府からのものではないとしています。

「ほとんどを使い果たしてしまった。基本的にゼロに到達しており、これはベンダーへの支払いに影響が出るということでもある。それは我々の必要とするサービスにも影響が出る」とゲレロ氏は付け加えました。

ロタはまだ1週間ほどの供給燃料があり、テニアンは11日分があるとゲレロ氏は下院パネルに伝えました。
CUCは現在、次週の次回支払いをどのように満たすかの局面に立っています。
イノス氏は下院メンバーに、知事が政府は
CUCの予算再編成はもう行わないと述べたことを伝えました。
知事は水曜日のバラエティ紙のインタビューで、
CUCは電気料金を上げ、経費を削減すべきと語っています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です