ウェッブ氏「我々はテニアンでさらに多くのことができる」


来島中のジム・ウェッブ合衆国上院議員は金曜日、テニアンはグアムに対する圧力を減らす用途拡張のために軍によって考慮されなくてはならないと伝えました。

「我々は射撃練習場に関してだけではなく、テニアンでさらに多くを行なうことができる」とベトナム戦争時に海兵隊員であったウェッブ議員は述べ、「私が何年も前にこれを調べていたとき、私は、我々がテニアンに永久の偵察ユニットを入れることができるという信念を持ちました」としています。

移転計画のドラフトの環境影響報告書は、海兵隊員の戦争体験のため、テニアンが演習場になると認識しています。

CNMIのフィッテイェル知事は以前に、グアムに転居させられる8千人の兵隊の半分を、代わりのキャンプとしてテニアンを使用するよう申し出ました。

ウェッブ氏は同時に、沖縄からの海兵隊員の移転スケジュールが「いっそう現実的な」予定表に調整されなくてはならないことを認めました。

移転は2014年に促進するはずでしたが、新しい日本政府はまだ合衆国とのその前任者の合意を続けるべきかどうか決めていません。





















は言っています。

「我々は何が2014年に達成可能であるか、そして何がそうではないかについての公開の論議をする必要があります」としました。

しかしながらウェッブ氏は、アメリカ兵を再配置することが「もし適切にされるなら」、合衆国、日本、グアムと北マリアナ諸島に有益であるであろうと信じています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です