金曜日の給料日はセーフ(安全)


それらのポジションが重要あるいは、非危機的であると思われるかどうかにかかわらず、公務員は昨日、この金曜日の給与が支払われるであろうと言われましたが、彼らの若干は懐疑的なままでいます。

内閣法制局従業員は、彼らが明日の午後給料を得ることができると言われました。

従業員は財政難の政府がどのように彼らの513万ドルの給与を確保するかを見守っていました。

去る618日、消防士、警官、看取、医療人員と公立学校システム従業員は時間通りに支払われた唯一の人達でした。

フォローお願いします!