フィッテイェル知事、ロタのフィッシング法案に署名


下院法案17-33は法制定され、テレシータ・サントス下院議員はこれがロタ住民の暮らしを向上させるであろうと述べています。

フィッテイェル知事は火曜日、サントス議員が提起したローカル法案に署名しました。

この新法P.L. 17-13は、ロタで行なわれているある特定の伝統的な釣りの方法に対する現在の禁止令を撤廃するものです。

現在の規則は「近親者の消費に用いられる魚を得る目的で非営利の網漁に限定されているなら、非営利の網漁に従事する人々の、このような個人的権利を制限しない」ことを保証するでしょう。サントス議員によれば、P.L. 17-13最近高騰する生活費を懸念している共同体メンバーに役立つものになるであろうと言いました。「ロタ住民は今まで長い間、この法案を待っていました」と彼女は述べました。

この新法は、非営利網漁に従事する個人が保護されることを保証するために、2000年フェア・フィッシング法令、パブリック法12-14を改正します。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です