カグマン誘拐レイプ事件、精液出ず

先月提出された高校生の誘拐レイプ事件に関わるテストで採取されたDNAから精液は検出されませんでした。


そしてこれは被告側弁護士のリチャード・ピアス氏、デイビッド・バーンズ氏、ジャクインDLGトレス氏らが彼らのクライアントに課された10万ドルの現金保釈金を修正する個別の要請についてデイビッド・A・ワイスマン裁判官に彼の決定、あるいは再考を与えるように求めている理由です。


「犠牲者以外のDNAはありません」と検事総長補佐のブライアン・D・ギャラガー検察官は法廷で述べました。


ギャラガー氏によれば、この結果は予定された事前審議会と聴聞請求の少し前の昨日の朝、ハワイから届いたとのことです。


被告側弁護士は、物的証拠として精液がない場合、法廷が被告人エンジェル・ジェス・サントス、21歳の陳述の証拠を裏付けることができないため、彼らのクライアントの保釈金を修正する彼らの個別の申請を認めるか、あるいは再考するべきであると言いました。


サントス以外の被告人ジョセフ・カブレラ・Camacho・ジュニア、31歳、イワン・ジョーンズ・カストロ、33歳、アルフレッド・P・ Hocog18歳は昨日の聴聞会において裁判所法廷に出廷していました。


去る10月、サントス被告は無罪の申し立てを変え、16歳のカグマン高校の生徒誘拐とレイプで第1級性的暴行を犯す陰謀に対する彼の関与を認めました。


サントス被告は「周知の嘘つき」であるとピアス弁護士は述べました。


サントス被告は40年の監禁の判決を受け司法取引で10年から20年を勤めることになるため、ギャラガー検事はサントス被告が「嘘を付く理由を持っていない」と返答しました。


201082日に署名した司法取引の一部として、サントス被告は本事件を起訴している政府に協力するでしょう。


サントス被告の協力は容疑を否認しているホッコック被告とカマチョJRカストロ被告の逮捕を導きました。


裁判所は被告それぞれに10万ドルの保釈金を課し、彼らは感化局施設に拘留されたままです。


先週、ワイズマン判事はホッコック被告に、法廷で受け入れられる不動産債権と共に保釈金の1割、1万ドルを課すことを認めました。ホッコック被告は拘置所に残留しています。


被告人らは昨日の法廷聴聞の後に拘置所に再拘留されました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

カジノ法案に最後の一手