立法議員が反徘徊法の撤廃を提案

ラルフ・S・ Demapan 下院議員(コビナント党サイパン代表)は反徘徊法がビジネスにとって良くないと考えています。


彼は、商業増進のための勧誘、公道で勧誘する、あるいは誘惑するためにビジネス事業体の外側を徘徊することを禁止する法律を無効にするために下院法案17-142を提起するであろうと言いました。


禁止された行為には「合法あるいは非合法どちらの商業企業に関して、ビラあるいはチラシを手渡すこと、あるいは身体的に触れるか、つかんで、人を止めようと試みること、あるいは人を誘惑し、勧誘するべき人を差し招くこと、大声で呼びかけること、叫ぶことによって人を止めようと試みること、一度ならず試みること」が含まれています。


違反は1,000ドル以下の罰金と30日以下の拘留で罰せられます。


H.B. 17-142よれば、反徘徊法によって禁止された勧誘(客引き)は「若干の商人に不公平な競合する利点を与えている私有商店街、ショッピングセンターで行なわれることが許されています」


それは「やかましく叫んで、そして人に触れるか、あるいはつかむことを伴っている攻撃的な勧誘(客引き)が脅威と平和を乱すことに関係がある他の刑法によってカバーされます」と付け加えています。


この反徘徊法はビジネスを落胆させるだけで、無効にされるべきものです、とDemapan氏の法案は表しています。


ガラパンの観光客地区でレストラン、美容マッサージ・パーラーのチェーンを経営するアメリカン・サイグリーン会社のコンサルタントのフアン・M・カブレラ氏は、H.B. 17-142がその区域のビジネスの法的問題に対処するであろうと言いました。


彼は、警官がガラパンで歩行者にビラを配布する人たちを追いかけると言いました。


バラエティー紙は1216日に、マッサージ・サービスに関するビラを日本人観光客に手渡した2人の女性が、ガラパン中央のホテル通りにあるレストランの中で逮捕されたという情報を得ました。


バラエティー紙はこの2人の女性が観光客に売春を持ちかけたことで疑われていたと伝えられました。


しかしながら、カブレラ氏はこれが常に事件であるとは限らず、そして警官の行動は違憲であったと述べました。


彼は売春がガラパンではびこったままであることを指摘しました。


女性たちが売春を持ちかけるビラを配る観光客地区外の場所がある、と彼は付け加えました。


彼は、このビラが常に日本語で書かれているため、決して捕えられないと言いました。


彼の懸念は、反徘徊法がある特定のエリアでだけ実施されており、合法的なビジネスに相反する影響が与えられていることである、とカブレラ氏は言っています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です