学生たちが新しいPSS寄付金集め政策に困惑するが受け入れる

PSS公立学校システム全体の学生たちが、キャンパス内のいかなる種類の資金集めも禁止している新しいPSS寄付金集め政策を受け入れ始めています。


チャチャ・オーシャンビュー高校のヴィンス・ Dela クルーズ校長は、彼の学生たちが今大変上手にこの政策をとっているが、それについてまだスリルを感じていないと言いました。


「私はそれが学生に良いと思います。簡易食堂が閉まった後、我々は我々のキャンパスで多少のゴミを見ました、それは子供たちがベークセールで売られた不健康な品目の代わりにカフェテリアの栄養になる食物を食べていることを知ることで安心を得ました」とバラエティー紙とのインタビューのシド・Dela クルーズ氏は述べています。


しかしながら一方では未だこの政策に反対があります。


匿名の親は、PSSが子供たちに彼ら自身の決定をすることを許していないと言いました。


「今のシステムは現状のままで十分に制約が多いです。愛校精神を取り去ることに対して、 PSSは恥ずかしさを感じません!資金集めは同じくクラブのすべてのはたらきと子供たちの旅行の機会を可能にします。彼らはPTSAへの承認以外今楽しみにするべきものが何もありません」とこの親は言いました。


このリポーターによってインタビューされた学生たちは、彼らが避けられないものを受け入れ始めていると言いました。けれども彼らは同じくPSSと立法機関に彼らの関心をもたらすことを望んでいます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です