上院がOMBを財務局の下に置く法案を可

上院は金曜日に満場一致で「財務局内に管理予算局を設立する」法案を可決しました。シーラ・J・ババウタ下院議員は、上院法案21-33を支持する証言を提供するために上院議場に上がりました。

「私たちは、管理予算局が財務局と統合されていない唯一の管轄区域であると言われたので、この種の法案を可決する絶好の時期だと思います」とババウタ議員は言いました。

彼女はさらにこう付け加えました。「これは、私たちの今の経済状況を考えると、部門を統合する絶好の機会です。これにより、間違いなくCNMI政府のコストを削減し、コミュニケーション・プロセスを合理化し、行政部門内のすべての金融関係者が同じ立場に置かれます」

しかし、ポールA.マングローニャ上院議員は、提案された合併後のOMBおよび財務局の従業員の賃金について懸念を表明しました。

たとえば、OMBの会計士が財務局の会計士よりも多額の給料を得ている場合、またはその逆の場合、2つの機関を統合すると、給与にどのような影響がありますか?あなたは彼らの給料の1つを削減または引き上げますか?それはどのように機能しますか?」と同氏は尋ねました。

「私はただこれを指摘したいだけです。最終結果が至る所で給与調整を引き起こさないことを願っています。これらは、この金融危機に直面している現在、あなたが結合しようとしている2つの大きな機関です」

この法案の著者であり、上院議場リーダー代行のヴィニー・サブラン議員は、「この法案が可決されたときの構造は、人事管理局の規制に戻ります。OMBが財務局の下に配置されると、これらの変更が適用されます」と答えました。

同氏はこの法案の下で、財務局長は「部門によって提供されているすべての要件と規制を整えなければならない」と述べました。

出席した7人の上院議員全員が法案の可決に投票しました。上院議場リーダーのJusto Quitugua議員とSixto Igisomar議員は金曜日の審議を欠席しました。

 

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です