知事がCovid-19対応に対する連邦政府の支援を発表

(知事のオフィス)-ラルフDLGトレス知事は金曜日、トランプ大統領が2020年3月3日のCovid-19の発生と戦うためのCNMIの継続的な努力を支援する、連邦支援の要請を承認したと発表しました。

2020年3月13日の時点で、FEMAは適切な支援を提供し、公共支援プログラムの下で、直接的な連邦支援を含む他の連邦法で許可されていない緊急保護措置(カテゴリB)を提供することを正式に許可されています。

トレス知事はまた、Covid-19の発生とコモンウェルスへの観光客の損失によって深刻な影響を受けたCNMIの事業者に、経済的傷害災害ローンを提供するための米国中小企業局との継続的な取り組みを発表しました。

以下は、知事の完全な発表です。

マリアアナスの皆さん、ハファダイそしてティロウ。

私たち全員にとって長い一週間でした。

ここCNMIにはCovid-19の確定症例はありませんが、Covid-19タスクフォースとCommonwealth Healthcare Corporationを通じて、あなた、あなたの家族、私たちのマナムコと、持病を抱える我々の愛する人たちを維持するために、政府は引き続き積極的であり、厳格な社交的距離を保つ手順を実施ています。

「アーノルド・パラシオス副知事、私たちのタスクフォースであるCHCC のCEOエスター・ムーニャ氏、そして私が行ってきたすべての仕事では、追加の連邦政府の支援についてこの公の発表をすることができませんでした。

2020年3月3日、私はトランプ大統領に、Covid-19の流行の劇的な影響によって引き起こされているCNMIの差し迫った危機について知らせ、このパンデミックへの対応するCNMI政府を支援するために連邦政府の財源を動員するための支援を求めました。

今週の初めに、私の連絡に応えて、FEMAは公的支援プログラムの下で、適切な支援を提供し、直接的な連邦支援を含む他の連邦法で許可されていない緊急保護措置(カテゴリーB)を提供することが正式に承認されました。

台風の際に私たちの強力なパートナーであったFEMAリージョンIX管理者ロバート・フェントン氏は、大統領の宣言がCovid-19対応のためにすべての島、サイパン、テニアン、ロタをカバーしていることを直接通知してきました。

3月13日からFEMAと緊密に協力して、CNMIの緊急保護対策を支援するためのインシデント管理支援チームの動員要請を含む大統領宣言に基づいて、Covid-19と戦うための対応調整でCNMIが利用できるすべての連邦財源にアクセスし始めました。

私はまた、米国中小企業庁と協力して、影響を受けた企業に経済的傷害災害ローンを提供しています。事業のサポートを通じて、必要な調査ワークシートのSBA災害支援オフィスへの提出を正常に完了しました。さらに、これらのワークシートが承認および認定されたことを報告できることを嬉しく思います。私たちは現在、影響を受けた企業や非営利団体への経済的傷害災害ローンの提供を開始する宣言のSBA発行を待っています。

私の要請に関する連邦政府の支援は順調に進んでいるので、この危機に私たちは取り残されてはいません。

この危機は政治よりも大きく、私たち自身よりも大きいものです。コモンウェルスにとって困難な時期ですが、私たち全員が協力し合い、助け合い、社交的距離を実践すれば、このウイルスを打ち負かすことができると私は確信しています。

私たちは常にマリアナス・ストロング(Marianas Strong)であり、Covid-19タスクフォース、CHCC、およびすべての地元および連邦のパートナーと共に更新情報を提供し続けます。

「ありがとうございます、Si Yu’us Ma’ase、Ghilisow。」

http://www.mvariety.com/cnmi-local/73-local/2601-governor-announces-federal-assistance-for-covid-19-response

 

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です