明日木曜日から国際線はありません

スカイマーク航空のサイパンと日本間の最後のフライトは本日水曜日で、CNMIの国際便への扉が一時的に閉鎖されます。

コモンウェルス・ポート・オーソリティーCPAの理事長であるキンバリン・キング・ハインズ氏は、昨日のスカイマークの復路便には2人の乗客しかいなかったと述べました。

これにより、週に4日の午前中だけサイパンとグアムの間を飛ぶ、ユナイテッド航空のみ残されることになるとキングハインズ氏は言っています。

これとは別に、スカイマーク国際航空運航局長のジョン・フルヤ氏は昨日、コロナウイルスの発生状況により、サイパン-成田、成田-サイパンの運航は明日、木曜日から2020年5月10日まで一時的に停止すると伝えました。

キング・ハインズ氏は、ラルフDLGトレス知事、CPA、コモンウェルス・ヘルスケア・コープ、およびマリアナビジターズオーソリティが1月中旬から中国で何が起こっているかを追跡している間、この会話を行っていると述べました。

「当時、地域社会を安全に保つために、避けられない経済的閉鎖であると私たちが予想していたことを、誰もが心に抱くのは困難でした」と彼女は言います。

キング・ハインズ氏は、彼らがやらなければならないことがわかっており、何度も何度も、国境を閉鎖する権限を求めたが、彼らには権限がないと言われたと話しています。

一方で、観光産業の多くの人々が、彼らが人々を雇用し続ける義務もであるので、避けられないことを延ばすように彼らに頼むことで、閉鎖する必要性を調整しなければならなかったと彼女は言いました。

キング・ハインズ氏によれば、CPAは、COVID-19の拡散を検出および防止するために国境で健康スクリーニング対策を実施するために、プレートに踏み込んだ業界パートナーの協力と共同の取り組みに感謝していると述べました。

「それでも、科学とデータは、これを打ち破るための最良の方法は家にいることであり、みんなのために私たち全員が家にいて旅行をやめる必要があるという事実に、世界中が目覚めていることを嬉しく思います」とキングハインズ氏は付け加えました。

皆が、特に知事が、日本とCNMIの間の就航の橋を開くために一生懸命働いたので、彼女はスカイマークについては残縁だと語りました。それは容易ではなかったと彼女は述べ、それはこの状況をより悲惨なものにしていると付け加えました。

「残念ながら、これらは誰の手にも及ばないものであり、CNMIだけに固有のものではありません。私たちは一緒にこのすべてに参加する必要があります。私たちは皆、強いままであり、お互いのためにプレートにステップアップしています」と彼女は言いました。

https://www.saipantribune.com/index.php/no-more-international-flights-starting-tomorrow-thursday/

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です