<グアム>この夏、ココス・ラグーンから2K以上のタイヤが撤去される

メリゾのココス・ラグーンから約2,000本のタイヤが6月から撤去されます。これは、期待された結果が得られなかった環境プロジェクトのためにタイヤが配置されてから約50年後のことです。

タイヤは、魚やサンゴの健康的な生息地を育む「人工魚礁」を作る計画の一環として、1970年代にラグーンに配置されました。しかしそれはそうではありませんでした。

グアム環境保護局のスポークスマン、ニック・ルプリー・リー氏は水曜日に、「それ以来、それらは海洋ゴミと見なされてきた」と述べた。 「私たちの海はゴミ捨て場として扱われるべきではありません」

グアムEPAは、ユニテック環境グアムの事業を行っているUEG社にココス・ラグーン・タイヤリーフ除去プロジェクト契約を授与しました。 グアムEPAによると、固定価格契約は25万ドルの価値があるとのことです。

このプロジェクトは、国家海洋大気管理海洋ゴミプログラムが2019会計年度にグアムEPAに発行した競争的助成金によって資金提供されています。

グアムEPAは、6月にプロジェクトを開始する予定のユニテックに進むよう通知を出しました。工事は8月に完了する予定です。

グアムEPAによると、ルーレオンゲレロ知事は3月15日に専門サービス契約の契約に署名し、承認しました。

グアムEPAによると、契約に基づき、ユニテックは、失敗した人工魚礁実験からの約2,000本のタイヤの取り外しに関連する管理、労働、工具、設備、備品、島外処分、および適用される許可に責任を負います。

「サンゴ礁」の設置は、人工生息地の創設を通じて魚の資源を増やすことを目的として行われました。

グアムEPAによると、グアム農務省は、設置後に魚の​​資源レベルが改善されないと判断された後、人工魚礁の使用を中止しました。

「ココス・ラグーンでのこの人工タイヤ・リーフの撤去と処分は、ラグーン内とその周辺の周辺の海洋生息地とコミュニティへのさらなる被害を防ぐための重要なステップを提供します」とグアムEPA管理者のウォルター・レオン・ゲレロ氏は声明で述べました。

https://www.postguam.com/news/local/more-than-2k-tires-to-be-removed-from-cocos-lagoon-this-summer/article_af19f0e0-b2f2-11eb-82c2-533454db13e5.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です