フォーブス(Forbes)記事和訳

閲覧者数17,903 2018年10月14日記事

『パラダイスでの失敗:サイパン・カジノがさらなる延長を取得、執行延期の可能』

サイパンのカジノの話は、すでに憂鬱ですが、悪化しています。ライセンシー(許可保持者)のインペリアルパシフィックインターナショナルは、カジノホテルの完成までに、新たな、さらに長い期限と、北マリアナ諸島の米国太平洋地域であるサイパンに支払われるその20億米ドルの債務の残りはパスを得ます。

より広いゲームフロアと独占を持っていても、インペリアルパシフィックはそれが有益なカジノを経営することができることを実証しておらず、そして3人の主要な幹部が退任の通知なく去りました。

これらの欠陥にもかかわらず、政府は当局が2週間前に廃業したホテルをIPIに引き継ぐことを望んでいます。この状況について最も道理にかなうことは?IPIの香港上場株式は、過去1年間で50%減少しています。

昨年、付与された1年間の延長後、IPIはサイパンのダウンタウンの観光の中心地、ガラパンにある329室のビーチフロントホテルを完成させるとした8月31日の期限を逃しました。

IPIは、昨年7月に、カジノを、ショッピングモールから、Paul Steelman氏によって設計され、現在はImperial Pacific Resort Hotelと呼ばれる部分的に完成した施設に移しました。

しかし、少なくとも1人の死亡者を含む、違法労働、無給賃金、および労働者の負傷の疑いがあるため、客室の建設は遅れています。

先月、コモンウェルスカジノ委員会は、2021年2月28日までそのIPIのガラパンの施設を完成させる期限を延長しました。おそらくIPIはCNMIの予算と公務員の投資した政治資本へのその貢献を考えると失敗するには大きすぎるので、もっと良い仕事をするかもしれない別の会社を見つけることについての明白な考慮はありませんでした。

CCCはIPIを完全に窮地から抜け出させませんでした:会社は地元の病院当局に50万ドルを寄付しなければならず、そして、もし新しい締め切り期限を逃すならば、それはIPIのゲームからの収入の1パーセントのうち2分の1を差し引いた、1日当たり5000ドルの罰金に直面することになります。

もちろん、収益は利益ではありません。今年上半期、新しいカジノでの最初の本格的な申告期間であるIPIは、前年同期の45億香港ドルから減少し、22億香港ドル(2億8,100万米ドル)のゲーミング収益を報告しました。また、1年前に47億香港ドルを償却した後、137億香港ドルの未払プレーヤー債務を計上し、58億香港ドルを償却しました。

<IPIカジノ・ウェブサイトに載っているカジノリゾートの画像>

***以下記事原文コピー*****

17,903 views Oct 14, 2018, 05:46am

Failure In Paradise: Saipan Casino Gets Another Extension, Possible Reprieve

Saipan’s casino story, already depressing, has gotten worse. Licensee Imperial Pacific International has a new, distant deadline for completion of its casino hotel and maybe a pass on the rest of its US$2 billion obligation to Saipan, a U.S. Pacific territory in the Commonwealth of Northern Marianas Islands.

Even with its larger gaming floor and a monopoly, Imperial Pacific hasn’t demonstrated it can run a profitable casino, and three key executives have left since August without announced replacements.

Despite these deficiencies, the government wants IPI to take over a hotel the authorities put out of business two weeks ago. The most sensible thing about this situation? IPI’s Hong Kong listed shares are down 50% over the past year.

After a one year extension granted last year, IPI missed the August 31 deadline to complete its 329 room beachfront hotel in Garapan, Saipan’s downtown tourist hub.

IPI moved its casino from a shopping mall to the partially completed property, designed by Paul Steelman and now called Imperial Pacific Resort Hotel, in July last year.

But guest room construction has lagged amid alleged illegal labor, unpaid wages and worker injuries, including at least one fatality.

Last month, the Commonwealth Casino Commission extended the deadline for IPI to complete its Garapan property to February 28, 2021. There was no apparent consideration of finding another company that might do a better job, perhaps because IPI is too big to fail given its contribution to CNMI’s budget and public officials’ invested political capital.

Of course, revenue isn’t profit. For the first half of this year, its first full filing period in the new casino, IPI reported gaming revenue of HK$2.2 billion (US$281 million), down from HK$4.5 billion a year ago. It also reported HK$13.7 billion in unpaid player debt and wrote off HK$5.8 billion of it, after writing off HK$4.7 billion a year earlier.

The CCC didn’t completely let IPI off the hook: the company must donate US$500,000 to the local hospital authority, and if it misses the new deadline, it faces a US$5,000 per day fine, less one-half of 1% of IPI’s gaming revenue.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です