KANDIT NEWS 12月11日

サブラン議員「歴史のどちらの側に立つことを選択しますか?」

記者:トロイ・トーレス

(サイパン、ススペ)数週間前にラルフ・トレス知事による公的汚職の調査の呼びかけを始めたティナ・サブラン下院議員は、今日、CNMI下院で同僚に熱烈な嘆願を行いました。彼女のメッセージ「議会はその義務を果たし、腐敗の証拠を調査しなければなりません」

サブラン議員と下院少数派ブロック(無所属議員グループ)は、知事による汚職の証拠を調査するための特別調査委員会を設立するために、BJアッタオ下院議長に公式の呼びかけを出しました。アッタオ議長は、この問題に関する裁定をまもなく発行すると述べました。少数派のリーダー、エド・プロプス議員は、火曜日の審議開始に向けて公式の要請を提起しました。

プロプス議員は、下院がその義務を果たし、コモンウェルスの住民の希望を尊重するために激しく戦いました。その多くは、コモンウェルスの知事の略奪の暴露以来、怒りと裏切りを表明しています。

サブラン議員はエド氏の公式声明の発表に続き、次のスピーチを行いました。

議長殿そして同僚の皆さん:

私たちは重大かつ憲法上の緊急性の問題に直面しているため、少数派はトレス知事を調査する特別委員会の任命を求めています。

知事と彼の仲間は、マネーロンダリング、詐欺、および違法な選挙キャンペーン寄付を含む連邦刑事捜査の対象です。

そして今、コモンウェルスの人々によって支払われた知事の違法なファーストクラスの旅費と贅沢な費用を記した記録があります。

今日、少数派は、連邦政府の人々がすべきか否かを決定する政策を含め、彼の旅行、公的代表権、住宅手当、行政のセキュリティ、運転手付きのサービス、および、このすべての支払いに対する払い戻しに関連するすべての記録を求める公開政府法の要請も提出しています。

知事は人々の信頼を裏切っていると非難されています。議長殿と同僚たちが何もしなければ、我々もこの裏切りの共謀者になります。

もちろん、私たちは皆、現在進行中の刑事、法的手続きを尊重します。しかし、私たちはまた、私たちが保持している公職、および立法調査を実施し、知事に説明責任を持たせるための私たち自身のプロセスを尊重しなければなりません。

正式な調査が私たちのプロセスです。そして、知事もそのプロセスを尊重し、私たちの調査に完全に協力し、彼の行動についてこの機関(議院)に答えることを期待すべきです。

今週、我々はCNMI憲法記念日を祝います。この機会に、私たちは、政府の三権分立のバランスと確認に基づく、マリアナ諸島の政府のシステムを確立した創設者の知恵を称えます。

退職したホセ・デラ・クルス最高裁判所長官の言葉を借りれば、「CNMIの自治は、公職に選出された個人と同程度でしかありません」。 憲法あるいはコモンウェルス法が政府の一機関の公務員によって犯された場合、私たちの民主主義は説明責任を提供しバランスを回復するために他の機関に依存します。

我々の職務を遂行しましょう。特別委員会を設置しましょう。問い合わせを開始しましょう。専門的、客観的、公正に作業を行う権限を委員会に与え、その結果と行動の推奨事項についてこの機関に報告します。

議長殿、そして、同僚たち、私たちはこの議会で重大なジレンマに直面しています。そして、問題は、歴史のどちらの側に立つことを選択するのかということです。私たちが奉仕するために選ばれた人々の側を選択しましょう。

トレス知事は今日いかなるインタビューにも応じませんでした。代わりに、彼は少数派によって提起された特定の申し立てを無視した声明を発表し、彼が選挙に勝ったので皆が彼を排除しようとしていると再び不満を述べました。

知事はその声明で一度も、彼がすべての申し立てについて無実であり、公金を悪用しなかったと言及することはありませんでした。

以下(添付)の知事の声明で見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です