KANDITNEWS 12月8日

彼らの陛下の26,000ドルのハワイ・ゴールド・ファーストクラスのD.C.への旅行

記者:ナンシーI.マアナオ

(グアムのタモン)ラルフ・トレス知事と彼の妻ダイアン夫人は、2018年12月9日に、西部知事協会とのジャンケットのためにハワイ州コナに飛ぶ予定でした。サイパンからグアム、ホノルル、そして帰路のファーストクラス航空会社の座席は、コモンウェルスの納税者に12,278.50ドルの負担を負わせました。

しかしながら、カンディット・ニュースにリーク(漏洩)された出張記録には、2018年12月4日の別の日本旅行中に、トレス知事夫妻は彼らの旅程をワシントンDCに迂回するように変更したため、彼らのファーストクラス旅行と豪華なホテル宿泊施設と車の費用を支払う納税者の負担が倍増しました。

その旅行が行われた後まで承認されなかった、土壇場での変更に対するペナルティを含む?合計額:$ 25,653.33!

知事夫妻は、その旅行全体で別々の16回をプレミアムクラスの運賃で飛行しました。大型機のファーストクラスと、ファーストクラス席のない航空機のビジネスクラスです。CNMI法では、これは違法です。トレス知事および旅行の承認とその費用の払い戻しに関与した人は、CNMI納税者に32,000ドルの罰金を支払う義務があります。

認可担当者?アーノルド・パラシオス副知事。そして、渡航認証には財務および経理部長のベルナディータ・パラシオス氏の印刷名が付いていますが、彼女の名前の上にある署名は、財務局長デイビッド・アタリグ氏のものです。

最初の家族のクリスマス前ツアーは、羽田からシカゴ、ワシントンD.C、サンフランシスコ、ホノルル、コナ、グアムに彼らを連れて行き、12月15日までにサイパンに戻りました。

旅行中、彼らはコナのフェアモント・オーキッド・ホテル、ワイキキのアラモアナ・ホテル、ワシントンの5つ星のマリオット・ワードマンパーク、グアムのホテル・サンタフェに滞在しました。

夫婦は納税者から日当で1日あたり250ドルを受け取りました。つまり、トレス知事は1日あたり125ドルを受け取り、(政府職員でもなく、選挙で選出された市民でもない)妻は1日当たり125ドルを受け取りました。

彼らのホテルの宿泊施設は別々に支払われ、彼らのレンタカーとバレット・パーキング・サービスに費やされた829.83ドルも同様でした。さらに、彼らは1551.31ドルの旅行前払い金が支払われ、旅行中に行われた高級レストラン、メイシーの買い物、アルコールの購入、およびその他の個人費用からの超過分で1,391.97ドルが払い戻されました。

旅行承認の修正案は、今年3月に、アーノルド・パラシオス副知事によって提出され、承認されました。ちょうど、知事が524人のCNMI政府職員の仕事を脅かした緊縮プログラムを実施するための宣伝キャンペーンを始めたときです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です