KANDITNEWS 12月10日

最新情報:CNMI下院が知事への調査を検討

記者:トロイ・トーレス

(サイパン国会議事堂)コモンウェルス下院は、ラルフ・トレス知事による公的汚職を調査するための特別調査委員会を設立するためにBJアッタオ下院議長への無所属少数派による歴史的要請について議論しました。

「少数派のメンバーである私たちは、ラルフ・デレオン・ゲレロ・トレス知事による公的汚職、詐欺、浪費、公的資金の濫用の疑いを調査する特別委員会を任命するよう正式に要請します」とアッタオ氏への少数派ブロックからの文書が読み上げられました。

少数派リーダーのエド・プロプス下院議員はこの文書を記録担当者に読み伝えました:

プロプス氏

立法府には、私たちのコミュニティ全体に広まり、立法府のメンバーに提出され、地元および地域のメディアで報道された申し立てと記録を調査する厳正なる憲法上の義務があることを断言します。

この書面に添付されたものは、連邦捜査令状、連邦捜査局(FBI)によって押収された財産の領収書、大陪審召喚状、および旅行(出張)、公式の代表(公務)、および、トレス知事による払い戻しに関連する政府の記録を含む、これらの記録のサンプルが含まれています。

知事と彼の仲間の家と事務所に対する最近のFBIの強制捜索、および知事によってコモンウェルスの人々に請求された贅沢で疑わしい費用の暴露は、国民の信頼と政府の誠実さを著しく侵食しました。目をつぶることはできませんし、してはいけません。

マイノリティのメンバーである私たちは、あなた方や下院の同僚と協力して、今後の特別委員会や調査において公平性、透明性、デューデリジェンス(信用調査)、説明責任を確保することに全力で取り組んでいます。

特別委員会は、記録と証人を調査するために、必要に応じて、公的監査役オフィスおよびその他の専門家とアナリストを募集することを強く提言します。さらに、礼儀と礼儀正しさ、および事実と証拠に基づく調査を求めます。

トレス知事は、私たちの国とコモンウェルスのすべての市民と同様に、正当なプロセス、疑念の利益、そしてこの立法機関と私たちが代表する人々に自身で答える機会が与えられるに値します。

Propst氏と少数派ブロックの参照文書には、不正行為の証拠を示すトレス氏によって提出された償還メモと添付レシートが含まれています。

下院議長のジョン・ポール「JP」パラシオス・サブラン氏は、そのような調査は公的監査人オフィスから始めるべきであると述べ、委員会を形成するための下院議長への要請に反駁しました。彼は同僚に知事へのFBI調査のプロセスを尊重するように求めました。

「これはFBIプロセスを尊重することではなく、これらのことを検討する立法機関としての受託者の義務を果たすことです」とプロプス氏は答えました。

プロプス氏は、知事がファーストクラスとビジネスクラスでフライトするために公的資金を使い、数回に渡って法律を破ったという証拠を示す出張書類の問題を提起しました。これはCNMI法に違反しています。「すべての敬意を払って、私は同僚全員に尋ねたいです…あなたは誰もが公的資金でファーストクラスに乗りますか?」誰も答えませんでした。

下院の法律顧問は、プロプス氏に旅行法の解釈を求められました。弁護士は、公的資金はファーストクラス、ビジネスクラス、または他のプレミアムクラスの航空運賃の購入には使用できないと答えました。

「FBIが彼らの仕事をするのをただ待っていると言って、それについて何もしないなら、私たちはこの席にいる理由を本当に理解していない」とプロプスト氏は話しました。FBIを待つためにここにいるのではありません。私たちの憲法には、FBIを待つと言うものは何もありません。これはFBIについてでもありません。これは連邦政府の費用ではありません。これはローカルの問題です。そして、AG(検事総長)が何もやらない場合、それは私たち次第です。それがここに我々が座っている理由ですそれが人々のために私たちが働く理由です。私たちの忠誠心は知事に対するものではありません。政党ではありません。お互いにではありません私たちをこの席に置いたのは市民(有権者)です」

ティナ・サブラン下院議員は、下院の同僚に、コモンウェルスの人々が望むこと;下院に提出された公文書を調べ、知事に彼の行動に答えてもらうよう熱心に訴えました。

「私たちは弾劾を呼びかけているのではありません。これらの文書を見て、それらについて話し合い、公正かつ率直に議論するための特別委員会を求めているのです。それが、私たちが求めていることです」

CNMI下院は、前知事のベニグノ・フィッティエル(Benigno Fitial)氏の弾劾に先立ち、特別な調査委員会を設立しました。その調査の結果は、知事を弾劾するため可能性のある要因を見つけました。

「私たちは歴史上最も厳しい時期の1つに直面しています。私たちには我々が訪れるテントに住んでいる有権者がいます。悲惨な生活をしています」

アッタオ氏は、この問題を1つ、あるいは、複数の委員会に付託し、書面による書簡で、または下院の金曜日の会議で裁定することにより、決定を公表すると述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です