KANDITNEWS 12月7日

キャピタル・ヒルでデモ行進すべき400万ドルの理由

記者:トロイ・トーレス

(グアム、タモン)誰もがカジノに買収されていないように振る舞い、あらゆる犯罪を回避し、犯罪を隠蔽し、犯罪に関与し、コモンウェルスを略奪する危険な陰謀を引き起こしたジョエル・カマチョ下院議員、エドワード・マニブサン検事総長、ラルフ・トレス知事、カジノの間には織り交ぜられた強力な関係があります。

誰も北マリアナ諸島連邦から盗んでいないように…

誰も腐敗を訴える人々を脅していないように…

誰も陰謀に関与したことに対するリベートとチップを受け取っていないように…

電信詐欺、詐欺、窃盗、またはマネーロンダリングによる窃盗を犯した者がいないように…

誰も殺害しなかったように…

CNMI政府は、概して、拒否、従順、または沈黙のいずれかを介して、これらの犯罪は過剰に活動的な想像力の産物;あるいは、2018年の選挙で敗れた政治家の負け惜しみの劇的な物語であると主張、推測しています。

結局のところ、合理的な人は、これらの犯罪が発生する可能性がどのように考えられるかを思案することができます。

正式に形成されたコモンウェルス・カジノ委員会、宝くじ委員会、あるいは、財務局による調査結果と報告からは何も見つかりません…

立法上の調査や監視によって不正が明らかにされていません…

逮捕につながった警察活動はありません…

捜査から刑事犯罪告発は生じていません…

…そして、明白な腐敗と窃盗の証拠が次々と出てきたにもかかわらず、司法問題と政府の活動を監督するCNMI議会の連中から知事弾劾を行なっている動議は一つもありません。

調査、逮捕、規制、訴追、および弾劾する権限を持つ地位にいる多くの人々が、彼らの義務を全て怠っているという、現実の領域を超えているように見えます。

関与するすべての役人が犯罪者によって買収されたか、家族忠誠の取り返しのつかない絆を互いに共有している…場合を除いて。

2016年、ラルフ・トレス知事は彼のゴッド・サン(名付け子・息子)、ジョエル・カマチョをサイパン・ゾーニング委員会に任命しました。重要な土地取引が理事会によって承認される必要があるため、これはインペリアル・パシフィック・インターナショナル(CNMI)、LLCにとって重要な時期でした。

2018年2月15日、ブルーム・バーグ誌は、中国に本拠を置くカジノ会社とジョエル・カマチョの父親であるセラフィン・カマチョ氏の間の一連の金銭と土地の取引を暴露しました。カジノの外郭法人(ダミー会社)の1つ(単独所有)は、セラフィン氏の名前で簡単に土地を購入するために、セラフィン・カマチョ氏に400万ドルを与えました。見返りに、カジノは土地をリースしました;しかし、このリースは2042年まで開始されません。

自らを弁護する、セラフィン氏はサイパントリビューンに、この取引から彼が得たものは外郭会社からの500ドルがすべてであると話しました。まず第一に、それはセラフィン氏のcunniaoが知事であり、彼の息子がゾーニング委員会のメンバーであった500ドルの謝礼です。それは合法性と倫理の領域で見直すものではありません。第二に、セラフィン氏が全てを受け取ったわけではありません。現在、彼は400万ドル相当の土地を所有しています。そして、この先の24年間、彼はカジノの借地権が始まる前に彼がやりたいことは何でもできます。

彼は土地を抵当に入れたり、ローンを借りたり、借金をしたり、資産を活用したりすることができます。事実、コモンウェルスのひと塊を中国人に売っているCNMI憲法の周りをタップダンスで踊ったり、マネーロンダリングに密接に関わっていることは言うまでもありません。

カジノに有利で重要な決定を承認するゾーニング委員に、セラフィン氏の息子で知事の名付け子を知事が任命した直後に発生しているこの取引が、IPI、知事、カマチョ親子の相互利益のために巧みに組織化されてはいなかったと、どのような道理をわきまえた人が考えるのでしょうか?

トレス知事がカジノとカマチョ親子の間で調整したランデブーはそこで終わりませんでした。トレス氏は、ジョエル・カマチョ氏が議会の議席に立候補すべきと決定しました。カジノとトレス氏が選挙キャンペーンに資金を出しました。そして今、ジョエル・カマチョ氏は強力な下院司法および政府運営委員会の委員長です。

カマチョ氏は彼のとまり木から、サイパン全体でのカジノの運営と拡大に有利な立法府を通じて先導することができました。今年初め、彼は立法プロセスに支障をきたすことなく、ギャンブル地区全体のポーカーマシンの規制を緩和する法案を発表しました。

遊びにお金を払う、そう、;そして、チャモロ文化の質を落とし、そして忠誠の美徳を軽んじることわざ、長年のボーダロの「私は詐欺師ではない」という格言を使って、この若い下院議員はどうやって彼のニノに「ノー」と言えるでしょうか?

知事によって犯された泥棒と腐敗の動かぬ明白な証拠で(米国選挙でのカジノと外国人の干渉に関連する知事のオフィスと、彼の住居の連邦捜査局の強制一斉捜索があったことはちょっと気にしない)、下院議院の道理をわきまえたメンバーはこの愚行を認め、弾劾の手続きを開始するよう要求します。これらの手続の要請は、最も自然に、そして特に司法および政府の運営に関する下院議長から始まるものです!

しかし、カマチョ下院議員はこれを行っていません。どうしてでしょう?たぶん彼は彼の名付け親にそれをしないでしょう。たぶん、彼の母親とトレス知事との親密な家族関係は、それと関係があるのでしょう。おそらく、若い議員は、彼が今いる権力の座に彼を置いたカジノに見守られているのでしょう。間違いなく、この場合お金がものを言います。

この下院議員は、知事を職から解任し、刑事訴追を求める声の高まりを無視する確固たる足場があると思うことでしょう。エドワード・マニブサン検事総長による現地調査は行われていません。マニブサン検事総長はトレス知事を起訴していません。

何故でしょう?

同じ理由で、マニブサン検事総長はジョエル・カマチョ議員を起訴していません。検事総長の娘モニカは、カマチョ氏の内縁の妻です。マニブサン氏の息子は、トレス知事の財務局長であるデイビッド・アタリグ氏の娘と結婚しています。アタリグ氏は、トレス知事への個人的支出の数千ドルの違法な払い戻しを許可した2人の財務局長の1人です。

そして、検事総長の監督下にある委員会議長のカマチョ氏は、マニブサン氏がコモンウェルスの検事総長だったので起こった、アラン・ボイヤー・デラ・クルス氏の殺害と7人の殺人事件の解決に対する無関心と怠惰について、マニブサン検事総長に質問するために、彼の義父を立法裁判所の前に呼ぶつもりはないのです。

カマチョ氏は、知事の犯罪を監視する義務を果たさないのと同じ理由で、これらの殺人の調査義務へのばかげた怠慢について彼らに質問するために、彼の委員会の前に刑事、捜査官、および公安局の役人を連れて来ることはありません:彼は彼のニノを保護しており、彼の義父をかばっています。同じ人々が、カマチョ氏の父親セラフィン氏を彼自身の汚職でに対して刑務所から守っています。

これはすべて中国人カジノによるものです。カラカス。

トレス知事とカマチョ下院議員、そして彼の沈黙によって、マニブサン検事総長が、CNMIの市民が苦労し、嘆き悲しみ、希望を失っている間に、コモンウェルスと法の支配を中国に数十億で売ったことは、悪逆無道に近いものです。何人かの島民は命を失い、彼らの家族は殺人者と民主主義の捕獲者の冷たくて耳をつんざくような沈黙に対して正義を求めて叫びました。

CNMIの人々は、彼らを逃がし、個人の利益と力のためにコモンウェルスを略奪した重い暴君のグリップの下で窒息しています。

CNMIの人々は、個人の富と権力を増やすために彼らのコモンウェルスを略奪し、彼らから騙し取った重い専制君主に牛耳られて窒息しています。

彼らは彼の腐敗を彼らの肩に乗せて運んできました。しかし、彼の砦や肩書き、お金に関係なく、ある時点で、彼がやらなければならない、彼らが押し込んだ土の床から立ち上がるということをすべて、すぐに知ることになるでしょう。そして、彼はひざまずきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です