CUCが水質検査結果を公表

CUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社は2カ月前に標準的、あるいは最大の汚染物質レベルを越えたことを水質検査の結果が示した、とCUCのエイブ・ Utu マラス局長は述べました。


CUC定期的に飲料水汚染物質のプレゼンスをモニターしていると同氏は言っています。


「PCBあるいはポリ塩化ビフェミールの標準は0.ppbです。Isley貯水池水でPCBは平均2.ppbが検出されました。これは2010年でIsley貯水池から2010インチで集められたすべてのサンプルの平均である」と同氏は述べました。


彼は2010101日前にIsley貯水池において集められたサンプルのいずれからも、いかなるPCBの検出も示さなかったと言っています。


しかしながら、1014日にCUCは、Isley貯水池から101日に集められたサンプルがPCBの形式のひとつの10ppbを含んでいたことを知りました。


CUCは分析のためにすぐにカリフォルニアの研究所に送られた2つの確認サンプルを集めました、とマラス氏は述べ、CUCは後にいずれの確認サンプルからもPCBは検出されなかったということを研究所によって知らされたとしました。


「これは至急の危機ではありません。もしそれが至急であったなら、すぐに通知されたでしょう」と彼は公開した通達でCUCの水道利用者に伝えました。


もう1つの報告で、CUC1027日にプエルトリコ貯水池分配エリアから集めた1つのサンプルが、総合大腸菌の陽性テスト反応が検査されたと述べました。


テニアンでは、1031日に公共水道システムが総合大腸菌の最大汚染レベルを超えました。


ロタでは、201010月のモニタリング期間において総合大腸菌規定に従う総合大腸菌が含まれたサンプルはありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です