アタリグ氏がテニアン高官を告訴

サイパンとノーザン・アイランド(北島)の元評議会メンバーのフェリップ・Q.アタリグ氏は、政府公開法令への不服従従でテニアン高官に対する訴えを起こしています。


アタリグ氏はRobert H. Myers Jr.,弁護士を通じて、テニアン市長ラモン・M.デラクルズ氏、評議会会計代行及び最高責任者でテニアン市議会会計のアレン・ペレズ氏を被告人指名しました。


断定的な、且つ禁止命令的な職務執行令状と他の救済のための請願は、被告人に「法律上の弁明なく、非合法に公開記録を隠すことに対して」提出されました。


コメントを求められたデラクルズ市長は、この訴訟は「大変な迷惑」であり、彼が司法局長オフィスにそれを取り扱うために市長室を支援するよう求めるであろうと述べました。


同市長はアタリグ氏の訴訟は「不必要であり、市長室を単に困らせるだけである」と付け加え、「それは個人的な動機である」としました。


同市長は詳述を断りました。


127日、アタリグ氏は政府公開法令を通じて確実なテニアン市議会の書類を公開するよう要求しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です