投資家がチャランカノアで1,214万ドルのホテル・プロジェクトを検討とCDAが言及

島にもう一つのホテル建設を提案することによって、別の投資家はコモンウェルスに対する信頼を示しました。

サイパンSurfrider LLCは、チャランカノアにホテル建設を検討しており、リゾートホテルを建設するために1,214万ドルの投資を計画しています。

旧パシフィック・ガーディニア・ホテルとシルバー・ホテルの用地で、同社はチャランカノアのサンデー・ビーチ・ホームス前のビーチロードに提案されたホテルを建設することを検討していることを、CDA経済開発アナリストのカーリーン・B. Sablan女史は確認しました。

同社がQC資格格証明書のその申請に関連する公聴会でプレゼンテーションをする今日、より多くの詳細が明らかになるとSablan女史は昨日バラエティ紙に話しました。

サイパンSurfrider LLC2000年のInvestment Incentive(投資誘致)法に従ってQC資格証明書を申し込んでいると彼女は言いました。

Sablan女史は、投資家が4つの減税を得ることを望んでいると言っています。

それが25年の間以下の税の100パーセントの減税を要請していると彼女は言いました:開発者インフラ税、BGRTビジネス総収入税、物品税とアルコール飲料税。

この申請が今年、QC資格証明書の最初のものであったかどうか尋ねられて、「はい、それは2012年度の唯一の申請で最初のものです」とSablan氏は確認しました。

QC用の最後のアプリケーションが受益者としてサンディ・ビーチ・ホームズLLC2010年に製造されて、承認されると、Sablanは言いました。

2010年にサンディ・ビーチ・ホームズLLCQCの発効日から活動の開始まで開発者インフラ税の100パーセント減税が承認されました。

それは、2年間の物品税100パーセント減少も承認されました。

上述のQC申請のために公聴会が今日ススペの多目的センターで予定されていると、Sablan氏は言いました。

公聴会の後、CDA審議会は申請のメリットを見直して、最終的に申請を承認する知事に対する提言をします。

 

現在まで、7つの活用中のQC資格証明書があります。

活用中のQCをもつ受益者は、サンドキャッスル・サイパン、ハードロック・カフェ・サイパンを経営するHRCサイパン社、トニー・ローマとカプリチョーザを経営するWDIサイパン社、ワールド・リゾート・サイパン、ブリッジキャピタルLLC、ラウラウベイ・ゴルフリゾートを経営するサイパン・ラウラウ開発社とサンデービーチ・ホームスLLCです。

QCプログラムの詳細については、または、提案された投資に対する彼らの支持を伝えることに関心のある人々については、234-6245CDAに連絡してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です