2014年度国防総省予算が米上院に行く


(ワシントン、D.C.€”米国下院は木曜日に、賛成349票、反対69票でH.R.4412014会計年度の国防権限法を通過させました。H.R.441は会計年度2014の国防総省の方針を定め承認します。この法案は、海外偶発活動のための資金提供において807億ドルと国防総省への5,521億ドルを認可します。この法案は、現在更なる検討のために上院へ移ります。

この法案は、沖縄からグアムへの海兵隊員再編成に関する重要な進展をさせます。法案が国防総省に更新されたコスト・データと付随するレポートを提供することについて責任があるとみなし続ける間、それはグアムの建設に対する日米政府に追加の資金付けを許します。特に、この文言は、再編成を直接支持する8600万ドルの海兵隊格納庫を認可します。それは再編成活動を支持してアンダーソン空軍基地の北斜面の現場改善に使われる日本政府が貢献する11400万ドルも認めています。それはまた、将来の軍の建設を支持する計画とデザイン努力のために基金のより大きな運用を考慮に入れます。

法案はまた、資産の選択的な硬化と解散を支えるアンダーソン空軍基地の軍事施設建設を完全に認可します。会議参加者はグアムで空軍の太平洋耐気制弾力的プログラムの重要性を認めました。そして、それは反アクセス、その地域の脅威否定領域に対処する構成要素です。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です