テーブル・ゲームの解雇された副社長がベストサンシャインを告訴

テーブル・ゲームのベストサンシャイン・ライブ前副社長は木曜日に、インペリアル・パシフィック・インターナショナルに対して不当解雇、雇用に関する不当な誤りと意図的な精神的苦痛に対する75,000ドルの訴訟を連邦裁判所に提出しました。

インペリアル・パシフィックはサイパンのベストサンシャイン・ライブ・トレーニング・ファシリティ / カジノを所有しています。

原告、ダニー・ユーイング氏は、彼が20年のゲーム経験を持っている合衆国市民であるが、201681日にインペリアル・パシフィックによって解雇されたと言いました。

ユーイング氏は弁護士ウィリアム・M・フィッツジェラルド氏を通して、インペリアル・パシフィックが法律に違反しており合衆国とCNMIの公共政策に違反する業務に従事していると主張しています。

この訴訟によれば、インペリアル・パシフィックはカジノで新しいプレーヤーに、金融犯罪取締ネットワークFinCen 規制を避けるために彼らの取引をどのように構成するべきかを伝えています。

ユーイング氏はまた、年間収入で百万ドル以上を生み出すカジノに対して義務付けられていると彼が言う、反不正資金浄化プログラムの非実行でもインペリアル・パシフィックを非難しています。

ユーイング氏はインペリアル・パシフィックのマネージャーが、カジノ顧客に義務付けられている反不正資金浄化 AML身元確認なしでカジノのレジ係に400,000ドルを預金することを許したと言いました。

ユーイング氏は、インペリアル・パシフィックが仕事のために資格を持った合衆国もしくは地元の申請者を雇い損ねることによって合衆国移民法と公共政策にも違反したが、その代わりにアジアの国から単に合衆国でない市民をリクルートする政策を実行したと言いました。

ユーイング氏によれば、インペリアル・パシフィックは、彼がそうすることを避けたインペリアル・パシフィックの不法な行為に彼が参与することを彼の雇用継続に条件づけました。

彼は、彼がインペリアル・パシフィックによる違法行為に黙って従うこと、あるいは、参与することを断ったことについて不平を言ったために解雇されたと述べました。

インペリアル・パシフィックは彼の解雇に対する理由あるいは根本を提供しなかった、と彼は付け加えました。

インペリアル・パシフィックのこの扱いは、彼に屈辱、精神的苦痛と感情的ストレスを彼に与えることの目的で行われて、意図的に、そして悪意をもったものであったと彼は言いました。

彼は裁判所法廷に裁判の時点で決定された額での懲罰的制裁、あるいは模範的な損害賠償金を与えられる権利があると述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です