MV Luta 訴訟の当事者が和解会議に同意

MV Luta 訴訟の当事者らが和解会議を行なうことに同意しました。

この訴訟での調停者、ノートン・リリー・インターナショナル社は金曜日に、その弁護士ブルース Berline氏を通して、NMI地方裁判所に和解会議のための共同通知を提出しました。

原告タカヒサ・ヤマモト氏とMV Luta乗組員、ノートン・リリー・インターナショナルとロング・コンサルティングを含む調停者は、彼らのそれぞれの弁護士を通じて、そして、記録された弁護士ウィリアム・フィッツジェラルド氏を通して、被告ルタ・マーメイド有限会社で登録された所有者Abelina Mendiola氏、Deron・T・Mendiola氏とフィデルMendiola氏は、すべての関係者にとって都合の良い時間に裁判官ジョアキン Manibusan判事の前で和解会議を行なうことに同意したことを表明しました。

この通知は、被告人の中にいるビクター Hocog 副知事が、和解協議に彼が同意するかどうかを関係者のいずれにも通知していないことを示しました。

もう1人の被告、Hocog氏の「コンサルタント」のロバート Toelkes氏は、聞いたところではまだ訴状を送達されていません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です