マーク・ブラウン氏がIPIを辞職




香港の本社からの電子メールによると、インペリアル・パシフィック・インターナショナル(CNMILLCの会長兼元最高経営責任者(CEO)のマーク・ブラウン氏が辞任しました。

2016年に会長に就任する前にIPIの初代CEOを務めたブラウン氏は、サイパン・トリビューンが入手した文書によると、20171220日からIPIを外れていると言われています。この文書にはブラウン氏が米国本土で「家族の絆を強める」ために辞職したと伝えられていることが明記してあります。

この問題に精通している情報筋によると、ブラウン氏は2017年の休暇前にCNMIを去ったと伝えられています。

声明の中で、IPIは、ブラウン氏の辞職を受け入れたと述べています。

「インペリアル・パシフィックは、同社へのコミットメントとしてブラウン氏に深い感謝を表し、今後のすべての約束を念頭におきたい」と述べました。

インペリアル・パシフィックの会長であるブラウン氏は、インペリアル・パシフィックの資金調達活動およびコモンウェルス・カジノ委員会を含む、CNMI政府に関する活動において積極的な役割を担いました。ブラウン氏の最高経営責任者および会長としての職務への献身的な努力と献身は、インペリアル・パシフィックのCNMIにおける将来の成功のための強力な基盤を確立しました。

コメントを得るため、週末にコモンウェルス・カジノ委員会のエグゼクティブ、デレオン・ゲレロ氏に連絡を試みましたがすぐには回答は得られませんでした。

カジノ委員会の副議長であるジョセフ・レジス氏との簡単なインタビューで、IPIはブラウン氏の辞任を知らせて来ていないが、今日届くであろうと話しました。

伝えられるところではCCCから入手した文書によると、理事会は過去3年間ブラウン氏を抱えていたことを誇りに思っています。

IPIの最初のCEOであったブラウンは、以前GarapanT GalleriaにあったIPI初のカジノ – the Best Sunshine Liveでの成功を成就しました。

2017726日にオープンしたベストサンシャインライブは、IPI初期ゲーム施設がインペリアルパシフィックリゾートの恒久的なゲーム施設に移された201776日に閉鎖されました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です