CUCが開発プロジェクトの電力需要を予想




CUC COMMONWEALTH Utilities Corporation)会長代行のWeston Thomas Deleon Guerrero氏は、CUC経営陣に対し、すべての開発プロジェクトに遅れをとらないために、CNMI戦略経済開発委員会SEDCStrategic Economic Development Committee)におけるその強い表明を継続するよう促しました。

最近の理事会でDeleon Guerrero氏は、電力の生産と供給に影響を与える今後の開発プロジェクトについて、より良い情報を得るために、委員会におけるCUCの代表の意義を指摘しました。

彼は、サイパン、ティニアン、ロタの発電に関するプレゼンテーションの中で、「これは、そこで行われるはずの需要量を見積もる別の方法となる」とCUCのエグゼクティブ・ディレクター、ゲイリー・カマチョ(Gary Camacho)氏に伝えました。

カマチョ氏は、CUCが委員会で良好な立場を示しており、CNMIの最新の開発プロジェクトについて情報更新がされていると述べました。

彼はまた、CUCは、沿岸資源管理委員会からの許可を求める開発プロジェクトの承認当局の1つとして積極的なメンバーでもあると述べました。

報告書の中でカマチョ氏はサイパンの発電能力が52.1メガワットであると言っています。

81.2メガワットの発電所1は、8台のエンジンのうちの5台から40.0メガワットしか生産していません。

発電所210メガワットに設計されていますが、3つのエンジンのうちの1つが現在メンテナンス・プログラムに入っているため、4.0メガワットの容量しかありません。

発電所4の総発電量は8.2メガワットで、稼働中の8台のエンジンのうち4台しか稼働していないとCamacho氏は述べています。

しかしながら、彼は、1基のエンジンのメンテナンス完了で数日後にさらに11メガワットを予想していると話しました。

夏前に4メガワット、6月までに6メガワットの追加で、同氏は、彼らがエンジン8を交換するために新しいエンジンを購入すると直ちに、1012メガワットをさらに確保できると言いました。

Deleon Guerrero氏は、TinianRotaにおける発電の保守プログラムについて懸念を表明しました。

カマチョ氏は、しかしながら、テニアンの発電所はTelesource CNMI Inc.が運営しており、「彼らはより良いメンテナンスプログラムを持っている」と述べています。

1997年にTelesourceによって署名された10年間のビルド・オペレーション移転契約は2020年の期限まで延長されたと同氏は言いました。

現在、Tinian6台のエンジンのうち2台だけで18mWの空き容量があり、6台のエンジンのうちの1台からRota9.0mWの容量が生産されていると同氏。

カマチョ氏は、サイパンの停電の18.3%は発電に起因し、81.7%は送電および配電の問題に起因すると報告しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です