連邦政府「まだ不十分なCUC」




米国司法省環境天然資源課環境施策部門の弁護士であるBradley R. O’Brien氏によれば、Commonwealth Utilities Corp.は相当量の高価な飲料水の喪失、漏れ、顧客への不十分な検針と請求を経験しています。

連邦裁判所に提出された状況報告書では、CUCは米国環境保護庁(EPA)から飲料水および廃水プロジェクトの承認を受けたが、このユーティリティにとって重要ないくつかの分野では不十分なままであるとO’Brien氏は述べました。

O’Brien氏は、20156月にいくつかのポジションの空席とマスタープラン案の提出を除いて、CUC 201411月からEPA承認のための1つの規定された命令1SO1要件のみを提出したと言っています。

SO1は、CUCに適切な塩素供給を維持すること;廃水の安全な処理と排出;長期的な資本整備や財務計画の策定などが含まれる、24時間ベースで住民に安全な飲料水を提供するよう要求するなどの、飲料水および廃水の問題に重点を置いています。

O’Brien氏は、CUCはマスタープランで特定された勧告にコミットする必要があると述べました。

CUCは最終的に最高技術者のポジション以外のトップ・ポジションを埋めたにもかかわらず、1年以上の主要経営管理ポジションの空席は、多くのSO1およびSO2要件の進捗に影響を与えとO’Brien氏は述べています。

新しいマネジメントを導入して、残りのSO1およびSO2要件に対応するためのタイムラインと具体的な計画を再確立することが重要だと同氏は付け加えました。

SO2は、石油の備蓄庫の修理と交換及び運営インフラストラクチャ;タンクとパイプライン施設の管理;をCUCに義務付けている他に、流出および緊急対応の機器とプロトコルを要求するなどの石油問題に焦点を当てています。

O’Brien氏は、進歩があったが、それぞれの大部分は裁判所の監督と米国政府が提供する資金と技術的支援によるものであると話しました。

例えば、命令が申し渡されて以来、CUCは、SO1の飲料水および排水システムのEPA連邦補助金資金を6,000万ドルを受け取ったと彼は述べました。

O’Brien氏は、エンジニアリングおよび環境管理会社EEMC発注に先立って、米国内務省がCUCSO2プロジェクトのための約1000万ドルの連邦政府助成金を授与したと言いました。

同氏は、EEMC発注に従って、DOI助成金とCNMIによる支払いを通じて、CNMI は、連邦政府とCNMIから合わせて合計9,280万ドルを、CUCSO2プロジェクトに対してさらに2280万ドルを拠出すると述べました。

O’Brien氏は、CUCの長年にわたる運用上の欠陥や命令に従わないことを是正するための進歩がなされたが、まだまだ達成すべき点が多いと述べています。

米国はCUCが環境的に安全で、責任ある、経済的に独立した企業になる、この命令の完全な目的を達成するために、当事者と引き続き協力していく、と同氏は付け加えました。

20081119日、米国環境保護庁を代表して、米国はCUCCNMIに対して、清潔な水に関する法律と安全な飲料水に関する法律の違反行為を提起しました。 2009311日、連邦裁判所はSO1SO2を申し渡しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です