パブリック・ランドからのスクーター撤去、タオタオ・タノDPLをほめる

タオタオ・タノのグレッグ・クルズ会長は昨日、ガラパンのモーターサイクル・レンタル業者による公道の不法使用に対して、法の執行を行っているDPLJohn S. Del Rosario
Jr.
局長を褒めました。
「ついに彼は仕事を行った」とクルズ氏は述べ、Cpl. Derence Jack roadsとビーチに近いパブリック・ランドから、アシアン・スクーターのバイクとスクーターの撤去を示しています。
クルズ氏は更に、アシアン・スクーターが5年以上に渡って無料で使用した、パブリック・ランドの費用を追徴するようRosario氏に求めていくとしています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です