バサ氏が税金、ライセンス料金の引き上げを急ぐことを上院で強く非難

下院歳入委員会議長のレイ Basa下院議員は、税金と許可料金引き上げを急いですることに対して上院で強く非難しましたが、ポール Manglona上院議長は、再調査を生み出すのに役立つべき方法を探究することにおいて、税金施行の特別委員会は良い仕事をしていると言いました。


水曜日にガラパンのハイアット・リージェンシーで行われたサイパン商工会議所の月例会のゲスト・スピーカーであったバサ氏は、専門家からの徹底的な査定と公聴会の行われないビジネス・ライセンス料と税金の値上げには引き続き反対していくと事業者に伝えました。


彼は現在のみじめな経済状態が、CNMIで事業を行うコストをより高価にする最も悪い時であると言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です