デルタ航空が12月24日にパラオへの就航開始

デルタ航空はクリスマス・イブにパラオ島と日本間のフライトを発進します。


これはインタビューを受けたパラオのJohnson Toribiong大統領によって確認されました。


同氏は、就航開始は成田からのフライトであると述べました。


このフライトには日本からのパラオ島当局者、航空会社代表者とゲストが搭乗します。


デルタ航空はビジネス・エリート・クラス35席とエコノミー・クラス181席の合計216席のボーイング767 -300ERジェット旅客機を使用して週4回のパラオ・ルートを就航します。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です