立法議員が15ドルの来島者料を弁護

フィッテェイル政権がCNMIへの来島者全員に望む15ドルの請求は、島のプロモーションを底上げするであろう、とフロアリーダーのジョージ・N.カマチョ氏は言っています。


フィッティエル知事の提案したパブリック法17-29の改正は昨日バラエティ紙のインタビューで語ったカマチョ氏のデスクに現在あり、ホーリーウィーク後の下院で出来るだけ早く提案されるでしょう。


昨日のインタビューでカマチョ氏は日本の悲劇によって、CNMIは他のアジア諸国を含む観光市場を幅広く検討していると説明しました。


他の可能性のある観光客を捉えることに関して、カマチョ氏は余分な量の努力が加えられねばならないとと述べました。


P.L.17-29, 日本の航空サービス安定化プログラムはCNMIに連れてきた観光客毎に100ドルの「奨励金」を旅行代理店に与えます。


これはCNMIの主な観光産業マーケットの日本からの来島者を見込めない、今月から始まる「死の谷」の期間の影響から CNMIを軽減することを目指します。


日本を襲った最近の大惨事がこの期間を延長することが予想されるため、カマチョ氏は、CNMIが台湾、中国、韓国のような他のアジアの国々に向けるべきであると言っています。


政権の提案したビジター料金はプロモーションのための追加資金を提供することでCNMIをこれらの国に「開く」であろうとカマチョ氏は言っています。


この提案が議会を通過すると同時に、奨励プログラムは観光航空サービス安定化プログラムとして知られ、大阪、名古屋以外の南東アジアのあらゆる都市を含めることになります。


15ドルのビジター料金は観光産業販売促進回転資金に当てられるであろうとカマチョ氏は述べています。

修正案によれば、この料金の賦課は「CNMIへの旅行を促進し、そして税関と検疫法の執行に生じた経費を取り戻す」でしょう。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です