6月の来島者数17パーセント減

20116月のビーチ観光地としてCNMIへの日本からの来島者数は、20113月の地震、津波と核危機の否定的な効果を受け続け、20106月と比較して17パーセント下回りました。


マリアナ観光局によれば、サイパン、テニアン、ロタへの来島者数が20106月の28,372人と比較して今年6月は23,604人であったことを示しました。


日本からの来島者数は36パーセント減の8,645人でした。地震による旅行の落ち込みのほかに、成田からCNMIへのデイリー・フライトが20106月の3機と比較して20116月はデイリー・フライトはたったの2機でした。


日本の業界は、しかしながら、7月と8月にすでに緩やかな回復を見ています、そして、ピークの夏シーズンが始まるとき、キー・マーケットの日本からの来島者数が次第に改善することが予想されます。大阪からのフライトが7月中旬に再開し、そして8月まで継続するでしょう。


一方、韓国の主要なマーケットからの数は6月に21パーセント下がり7,064人でした。日本地震によって否定的影響を与えられている韓国からの旅行のほかに、アシアナ航空会社が、6月で1,250席の損失をもたらして、5月にIncheon からサイパンまでの昼間のフライト数を週4便から2便にまで減少させました。加えて、Busanからのフライトが6月初旬に打ち切られました。来たる夏ピークシーズンに目標を定めて、しかしながら、アシアナはすでに Incheonからサイパンへの昼間便の数を719日から週に2便から4便に戻しました。アシアナは83日の144席のエアバス321によって同じく余分のチャーター便を加えています。


中国市場は6月に5,129の来島者を示し、前年同月対比で123パーセント増となりましたた。これは四川航空会社によって上海と広州両方から毎週のチャーター便に2機が追加されたためです。


ロシア・マーケットからは558人で15パーセント増、他方フィリピンからも45人で15パーセント増でした。すべての他のマーケットからは20116月は減少しました:グアム(1,363マイナス23パーセント)、台湾(9人マイナス25パーセント)と他のエリア(208人マイナス42パーセント)。


本土から44パーセント減の583人でした。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です