フィッティエル知事がサイパン出費政策を承認

知事は水曜日、ポーカー資金の320万ドルをサイパンの奨学金プログラムと多様なプロジェクトに適用するローカル法案制定に署名しました。


レイ・ユマル下院議員によって導入された下院ローカル法案17-68は今、サイパン・ローカル法17-14となりました。それは解放記念日祝典への割り当て資金はありませんが、昨年の割り当て政策から削除されたノーザン・アイランド開発サミットのための5千ドルが含まれています。


フェリシダット・T.オグモロ下院副議長はCNMIに経済機会をもたらすであろうと彼女が考えるこのプロジェクトの資金付けを強く主張しました。


会計年度2012年で計画されたポーカー・フィー徴収の3,228,000ドルの310万ドルを、サイパンとノーザンアイランド立法代表団はサイパン高等教育財務支援プログラムとその運営に割り当てました。


228,000ドルの額は、25,000ドルを得るであろうサイパン・リトルリーグ、第31回年間フレーム・ツリー・アーツ・フェスティバルに10,000ドル、消防課に2,000ドル、カリダット(Karidat)とマンホーベン(Manhoben)センターの改修に3,300ドル、リーダーシップ・メモリアル・コートもしくはキオスク(Kiosku)プロジェクトに2,700ドル、サイパン市長室の重機修理に28,000ドル、仮釈放者計画的救済活動に5,000ドル、サイパン・サザン高校のマンタレー・バンドに12,000ドル、マウント・カーメル校模擬裁判チームに14,000ドル、リトルリーグ地域トーナメントに16,000ドル、ノーザンアイランド開発サミットに5,000、の中で分けられます。


フィッティエル知事は火曜日、補助資金を与える透析患者を決定する為にコンプライアンス理事会を創設するその規約のために、下院ローカル法案17-73、ロタ・ポーカー支出政策を拒否しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です