イノス知事が長期外国人労働者の出入国管理ステータスを重視


2週間目のイノス政権は「議論を引き起こす」問題の性質をあげながら、長期外国人労働者の出入国管理ステータスに注意を集中し続けています。連邦議会代表のグレゴリオKilili C. Sablan氏は、CNMIがいかなる国家移民制度改革法律にも含まれることを確実にすることでオバマ政権と議会の彼の同僚と働き続けます。

イロイS. イノス知事は昨日、彼が「まだ」問題を「調査している」と述べました。

「それは、国家レベルの非常に議論のある問題です。あなたが知っているように、まさに市民権に続く通常の経路を通過する保守的な見方があります。加速した市民権の他の見方もあります、そして、どちらがより適切で当地のファミリーに適用できるかについて、我々は検討するでしょう」とイノス氏はサイパン商工会議所の定例会でインタビューに答えました。

選ばれるどのような経路でも、「そのカテゴリーに当てはめられる人々が有効な窓口と性質」に一致していなければならないとイノス氏は言いました。

「たとえば、ここにいるために要求される場合、あるいは彼らがこの10年間ここ住んでいる人々と見ているか、そして5年で終わるCW[プログラム]、それは首尾一貫していないので我々が同様にそれを処理する必要がある」と彼は言いました。

長期非居住労働者の権利を保護する必要もイノス氏は認識しています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です