コミュニティの懸念に対処するためのCovid-19タスクフォース

ラルフDLGトレス知事、アーノルドI.パラシオス副知事、およびCovid-19タスクフォースの他のメンバーは、水曜日の朝に記者会見を開き、Covid-19の世界的な発生に関するコミュニティの懸念に対処しました。

タスクフォースの議長は、Commonwealth Healthcare Corp.のPublic Health Emergency Preparedness Programのディレクター、Warren Villagomez氏です。

同じく、記者会見に列席したのは、Blas Jonathan Attao下院議長、CHCC最高執行責任者のエスター・ムーニャ氏、北マリアナ大学暫定学長Frankie Eliptico氏、教育委員アルフレッド・アダ博士、矯正委員Wally Villagomez氏、消防救急医療局長Dennis Mendiola氏、およびマリアナス・ビジターズ・オーソリティのマネージングディレクター、プリシラ・イアコポ氏です。

ケビン・バウティスタ報道官は次のように伝えています。「トレス-パラシウス政権は、この予期せぬ景気後退の間、CNMI経済の実行可能性を維持しながら、公衆衛生と安全を最優先事項にしました。トレス知事は最近、進行中のモバイルの取り組みを正式化し、政府全体のアプローチのために主要な部門、機関、および利害関係者をまとめるためにCovid-19タスクフォースを創設しました」

タスクフォースには、知事室、CHCC、CNMI国土安全保障および緊急管理、コモンウェルス港湾局、MVA、公安局、DFEMS、財務局、NMC、および公立学校システムの代表者が含まれています。

知事は、「[コミュニティが]私たちが今日何をしているか[そして]私たちが1ヶ月半前に何をしていたかを確実に把握させたい」と言いました。また、この問題に取り組む島で最高のチームがあることをコミュニティに知らせたいと思いますと話しました。

知事は、CNMIが現在Covid-19事件の侵入を防ぐための十分な装備を備えておらず、政府は島々をCovid-19から守るためにできる限りのことをしていると述べました。

「これは、全員がパニックモードになるという意味ではありません」と知事は付け加えました。「これは、特別な予防策を講じる必要があることを意味します。今日、私たちは、私たちの美しい島に来るように私たちの観光客を招待し続けます…そして私たちは、私たちのコミュニティメンバーが彼らの生活を普通に過ごすよう奨励し続けます。それは、私たちが今日伝えているこのメッセージの非常に重要な部分です」

「私たちは、彼らの懸念に対処し、一般へのアウトリーチを行うタスクフォースがあることをコミュニティに知ってもらいたい…」と知事は付け加えました。コロナウイルスの可能性のある症例が島にやって来るのを防ぐために、私たちは非常に一生懸命に取り組んでいます」

パラシオス副知事によると、「1月にこの問題に対処する方法を検討し始めました。その理由の1つは、中国からのかなりの観光市場があり、コロナウイルスの発症地での最初のケースが中国からであったため、この戦い先取りする必要があったことです」

同氏は、政府が中国からのすべての航空交通を閉鎖するようにCPAに要請したと言いました。「基本的には1月下旬から2月上旬にかけてのことです」

知事はCHCCと常に協議しているとパラシオス副知事は付け加えました。

「ウォーレン・ビラゴメス氏とCEOのエスター・ムーニャ氏がこれに加わっています」と副知事は言いました。

同氏は、疾病管理予防センターの基準と一致する計画が展開されたと付け加えました。

「これは間違いなくコモンウェルスに対してだけでなく、世界各国の重大な懸念事項であることを我々は知っています。そして我々は、我々の担う公平な負担、たぶん我々の公平な負担以上に、コロナウイルスが島に侵入しないようにするために行なっていくでしょう」

CHCCのCEOであるエスター・ムーニャ氏とタスクフォースの議長であるウォーレン・ビラゴメス氏は、それぞれ、予防、保護、監視の重要性を強調しました。

彼らはまた、島での健康検診の増加、今後のサイパン・マラソンへの準備、サイパン、テニアン、ロタでの市役所会議の開催など、CHCCのパブリック・アウトリーチの取り組みの進捗状況に注目しました。

水曜日の時点で、CNMIで確認されたCovid-19症例はありません。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です