「CW問題についてDOLとの取り組み」




ビッキー・ベナベンテ労働局長によると、CNMI限定移行労働者プログラムから切り捨てられた3,000人の失業に懸念を表明するために、約12社が201711月以来労働局を訪れました。

Benavente局長はこれらの懸念事項を明確にしませんでしたが、彼女は企業がこれらの変化の影響をどのように受けているかについてCNMI労働局と協力するよう依然として促しています。

彼女はまた、事業主に対し、四半期ごとの労働力リストや事業総収入税と源泉徴収税のコピーなどの四半期報告書の提出など、DOLの要求事項を引き続き遵守するよう要請しました。

雇用主がこれらの書類を提出する次の期限は2018131日であるとBenavente局長は述べており、DOLのウェブサイトwww.marianaslabor.netに求人発表をする必要があると付け加えました。

彼女は電子メールでサイパン・トリビューンに、労働局が2018年度のCW削減の影響についてすべての事業主に調査を行なっていると話しました。

201712月に労働局は、CW許可数、承認された、拒否された、保留されている数、従業員数(米国と非米国市民の両方)についてCNMIのすべての事業者の調査を開始しました」とBenavente氏は述べています。

我々は、労働市場におけるCWの削減での対処あるいは和らげるためのそれらの計画があるか、もしあれば、収益損失予測を事業者にの提供するよう求めた」と彼女は付け加えました。

いくつかの企業では、拡張計画が保留になっていたり;事業所が営業時間を短縮していたり;従業員の削減を検討していると伝えられています。

Benavente氏によると、米国とCNMIの住民らが解雇される可能性があるとしています。

発表時点では、DOLはまだデータの編集を完了しておらず、調査結果に続いて声明文を発行する予定でした。

Gregorio Kilili C. SablanInd-MP)議員とLisa
Murkowski
R-AK)上院議員は2018119日にH.R. 4869S. 2325を同時に導入しました。

S. 2325H.R. 4869では、201711月の米国市民権移民局の設定した4,999人に代えて、2019年度のCW年次上限を13,000人に上げることと10年間の延長が提案されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です