CW1ビザの手続きは2019年度据え置き「提出開始日2018年4月2日です」




会計年度2019年上限期間は間もなく私たちのもとに迫ります。 CNRAはこの日付まで変更されず、USCISI-129CW申請を裁決するために使用されたのと同じ手続を踏襲します。

現時点では、CW1プログラムが20191231日以降に延長される、または新しいCW1プログラムが作成される予定はありません。したがって、現在利用可能なCW1ビザの総数は2019年から4,999人に制限されており、その数は2018年度の上限9,998人を5,000人下回ります。

会計年度上限数のために、雇用者は早急に計画を立ててCW1の申請をできるだけ早く提出するように準備する必要があります。

USCISは、201842日に2019年度の年間割当量を対象としたCW1申請を新たに受理します。(201841日が日曜日になるため、USCISは翌営業日の201842日以降に年度上限対象請願を受け付けます)

CW1ビザ用FY 2018上限数は2017411日に達したので、私は提出日の最初の週以内に会計年度2019年上限数に到達すると予想します。なので、雇用は201842日にUSCISへ配達するための提出窓口内により早く全てのCW1請願を郵送する必要があります。

雇用主は、フォームを準備することにおいて彼らの事業を補佐するための十分な時間を確保するために、作成する際のビジネスを支援する適任の米国移民弁護士または認定代理人の特定を開始する必要があります。最新の正確な情報については、USCISのウェブサイトUSCIS.govをご覧ください。

Janet H. King弁護士はCNMI、グアム、ハワイ州で法律を執行することを認められた弁護士です。彼女の実務はCNMIにあり、米国移民法も含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です