AGは「間違っている」とボーハ氏が言及


民主党の候補者の前連邦最高裁判所判事ジーザス・C・ボルハ氏によれば、エドワード・T・バッキンガム司法局長が政権についているコビナント党の合衆国代表候補者のための「懇親会」を主催することは「間違っている」としています。

「司法局長が候補者を好んでいる場合、彼が選挙委員会にアドバイスすることを誰が快く感じるでしょうか?」とボーハ氏はバラエティ紙のインタビューで述べました。

「それはアンフェアで偏っている」とこの元副知事は付け加えました。

彼は彼の党とキャンペーン委員会が公的監査役オフィスと選挙委員会に「何らかが行われるべきである」と申し入れると言いました。

「個人的に、私は訴えを起すでしょう」とボーハ氏は付け加えました。

しかしながら、同氏は昨夜会見が予定されていた同氏の選挙運動委員会にこの問題を任せていると述べました。

バッキンガム氏、若干の職員とAGオフィス(司法局長室)の検察官が、先週の土曜日の夜に知事邸で前下院議員ジョセフ・N・Camacho氏のための集会に出席しました。

AGの最高補佐フリーダ・デマパン氏はこのイベントについて、一般大衆を招待する彼のフェイスブックを通じて、スタッフと検察官らにE-メールを送りました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です