CKの墓地でゴミの不法投棄。

チャラン・カノアの墓地が最近掃除されましたが、ボランティアは昨日、その区域に再びゴミが散らかっていたことを見いだしました。


「我々はあきれました。それは若干の人々が、我々の神聖な土地でさえ敬意を持たないことに動揺させられ、失望させます」と、クリーン・アップ・キャンペーンを指導したコブラビルの近隣監視特別委員会のブロックキャプテン、ローズ・T・エイダ – Hocog氏が言いました。


土曜日、エイダ – Hocog氏のグループは、島の最愛の司祭の1人の墓にどさっと落とされたコンクリートの厚板を拾い上げました。


ごみの中にはベッド、ウォター・ヒーター、家飾りなどがあったと彼女は言っています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です