OPAが和解調停同意に従わないCPA請負人に言及

ロタのCPAコモンウェルス港湾局請負人は背後に(今まで)無利子で、正当化する書面なしで作られた和解合意における$25,833.14ドルの支払いがあるとOPA公的監査オフィスは言っています。


この和解取引はウェストハーバー(西港)の倉庫と貯蔵所、ウェストドックのターミナル倉庫2か所のCPA施設の未払いリース料を伴います。


OPAによれば、減少した毎月の支払いと数カ月以上の集金の欠如は、CPAマネージメントにいっそう厳しい政策、あるいは集金を執行する訴訟さえも求めるよう促すべきであったとしています。


RT&Tロタ・ターミナル&トランスファー社がCPAに負っている合計343,313.88ドルの元金における利息を、CPAは免除しました。


OPAは、CPART&T97,482.68ドルの割引き調停合意を与えたと述べました。


「利息免除を正当化する書面の欠如はまた、変則の危険に関して一般大衆の懸念も起こすであろう」と公的監査役マイク・パイ氏は金曜日にキャピタル・ヒルから入手したロタ 代表団会長のフアンAyuyu上院議員への書簡の中で述べています。


この代表団はCPA RT&Tの間の和解合意におけるOPAの意見を求めていました。

金曜日にコメントを求められたアジュジュ議員は、ロタの立法議員らは未だこの問題に関して決定していないと述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

18人から9人