テノリオ氏「$102M の予算は多過ぎる」

Froilan C・ Tenorio 下院議員は、フィッテイェル知事の会計年度2012年の予算提案1億200万ドルを公認する決議の採用に反対票を投じた唯一の人でした。


Tenorio氏は記者に、CNMI政府が10月1日に始まる会計年度2012年に1億200万ドルを生成するとは信じられないと言いました。


予算計算のひとつに「若干な訂正」をした後、下院は下院一致決議17-3を採択しました。


しかしながら、Tenorio氏によれば予算案は「旧式の計算」であるとしています。


政権はこれらの計画を6カ月から7カ月前に作ったと同氏は述べ、そして現在「我々は的を外れている」としました。


「多分割当金は9千5百万ドルだけ、あるいはそれよりさらに低いものであるべきです」と彼は述べ、人々が経済危機を経験している今、政府がその予測に対してあまりにも楽観的にはなれないと付け加えました。


彼はまた、今年、これ以上のARRAアメリカの回復と再投資法令金がないであろうことを指摘しました。それでARRAによって資金を供給されたプロジェクトに取り組んだ人々は仕事から外れるであろう。そしてそれは税収を減らすであろうとしています。


しかしながら、エリー・D・カブレラ下院議長は彼と下院メンバーの残りは「悲観的になる」ことだけを望まないと言いました。


レイ・N・Yumul下院議員は、政府収入を増やす他のどのような方法もあるように思われないことで、政権の提出案は見積もりに基づいているように思われたと言いました。


彼は知事が「いずれからともなく」その数字を引き出したのではないと信じています。

Deleon ゲレロ議員は、予算法案を出すという状態で下院がデューディリジェンスを扱うべきであると言いました。下院歳入委員会は数字が正確であることを確認する公聴会を開催するべきです、と彼は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です